<野球>李大浩「オープン戦不振? シーズンに実力発揮する」(2)

<野球>李大浩「オープン戦不振? シーズンに実力発揮する」(2)

2012年03月26日15時13分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  --意図的に相手投手のデータを見ていないと聞いた。 日本の投手をどの程度把握しているのか。

  「実際、相手のデータや球質は選手団ミーティングなどを通して知っている。 しかし実戦ではあまり思い出せない。 韓国投手と少し違うタイミングや球質もある。 やや難しくい部分もあったが、非常に難しい投手はいなかった」

  --岡田彰布オリックス監督が「チームに本塁打がなくて心配だ」と話していたが、 本塁打に対するプレッシャーはあるか。

  「岡田監督はそういう言葉を述べていないと話していた。 むしろ『あまりにも出来すぎないか心配だ』と冗談を言う。 毎日『焦らずにやってきた通りにしなさい』と言われている。 家族のように温かみがある。 本塁打も1本の安打にすぎない。 シーズンに見せたい」

  --岡田監督とは打撃に関する話をするのか。

  「打撃についての話はほとんどない。 主に日本の野球とペース調整について話をしている」

  --今季の目標は。

  「最初のシーズンを準備する新人が特別な目標などあるだろうか。 敢えて言うなら打率3割に100打点。 何よりもけがをせずに全試合に出場したい」

<野球>李大浩「オープン戦不振? シーズンに実力発揮する」(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事