強制徴用労働者像、仁川に建てられる

強制徴用労働者像、仁川に建てられる

2017年07月21日07時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
イ・ウォンソク作家が製作している「徴用労働者像」。8月12日、仁川冨平公園に建てられる。(写真=以遠席作家)
  日帝強制占領期の強制徴用被害者を象徴する「徴用労働者像」が韓国では初めて仁川(インチョン)の冨平(プピョン)公園に建てられる。冨平公園は、日帝強制占領期当時、韓国で最も大きな旧日本軍の造兵廠(兵器を作る所)があった場所だ。「徴用労働者像」は来月12日に設置する予定だ。強制徴用を素材にした映画『軍艦島』も26日公開を控えており、関心を集めている。

  「日帝強制占領期の徴用労働者像仁川建設推進委員会」が市民280人と71の市民社会団体から寄付金1億5000万ウォン(約1496万円)を募って製作に入った。委員会は今年3月に公募を通じてイ・ウォンソク作家を選定した。

  徴用労働者像は横155センチ、縦60センチ、高さ180センチの大きさで幼い娘がハンマーを手にした父の手を握っている姿だ。この作家は20日「日帝強制徴用の痛みと切なさを表現することに力を注いだ」とし、「少女の表情を通じて不安と苛立ちを、ハンマーを手にして前を見つめている父を通じて当時の状況を表現しようとした」と説明した。

  作品の中で短髪の少女は慰安婦に連行されないために、学校を辞めて造兵廠に入ったチ・ヨンレさんがモデルだ。父は故人になったイ・ヨンヒョンさん(1921-2009)をモデルにした。彼は造兵廠で働きながら徴用労働者と共に労働争議を行い、独立運動の資金を集めて伝えていたところ、発覚されて刑務所生活を強いられた。イ作家は「チさんの肉声証言と強制徴用当時の労働者が着ていた服、生活像など考証作業を通じて銅像を作った」とした。また、「造兵廠は強制徴用の辛い歴史があるところ」とし「造兵廠の敷地に徴用労働者像だけでなく、慰安婦博物館などを建てて子孫が辛かった歴史を忘れないようにしたい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事