中型車燃費1位は現代i40(1)

中型車燃費1位は現代i40(1)

2017年05月26日10時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  25日、ソウル鍾路区(チョンノグ)のとある自動車代理店。車種の仕様を紹介するプレートに新しくなったエネルギー消費効率(新燃費)と既存のエネルギー消費効率(旧燃費)が同時に記載されていた。この代理店に置かれた車両カタログも新燃費・旧燃費を同時に表記している。

  自動車メーカーが燃費を誇張するといういわゆる「インチキ燃費」問題以来、政府は燃費基準を強化した。2年6カ月の猶予期間を経て今月20日に全面導入された新燃費は消費者が感じる実際の燃費と大きな差が出ないように基準を定めたのが最も大きな特徴だ。燃費は自動車が同じ燃料(1リットル)を消耗する時どれくらい遠く(キロメートル)走行できるのかを示す数値だ。新燃費はガソリン車両の場合、旧燃費より最大20%、ディーゼル車両は10%程度燃費が低くなる。燃費測定時に考慮する項目がさらに多くなった理由だ。

  ガソリン車の燃費が過去と大きな差を見せるのは政府がガソリン車の燃費計算方式をかなり変更しためだ。旧燃費はガソリン車の燃費を計算する時、自動車が走行中に排出する排出ガス(二酸化炭素・一酸化炭素・炭化水素)の濃度を考慮した。一般的に排出ガス濃度が濃ければ燃費が減少する。

  新燃費は更に炭素の含有量まで考慮した。走行中車両が排出する3種のガスに炭素がさらに多く混ざっているほど燃費は低くなると見たのだ。また、走行中燃料が排出したガスが熱をたくさん排出すれば燃費がある程度減少すると見た。ガソリンが動力に伝達できずに発生したエネルギー損失が熱気となって吹き出るとみなしたのだ。

  このように計算した結果、韓国内で最も燃費が良いガソリン車は起亜自動車のモーニング1.0(バン型)だった。燃料1リットル当たり16キロメートルで、韓国で新燃費を登録したすべてのガソリン車両の中で燃費が最も良かった。2014年9月の試験の16.2キロメートルに比較すれば燃費が若干低くなっている。

  小型車は現代車・アクセントキャパ1.4(燃費14.1キロメートル/リットル)が1位だった。燃費計算方式が厳しく変わっても軽自動車・小型車種は国産車が燃費競争力があるという意味だ。

  一方、中大型ガソリン車は輸入車の燃費が若干良かった。アウディA4 40 TFSI(13.3キロメートル/リットル)とホンダ・アコード2.4(12.6キロメートル/リットル)がそれぞれ中型車と大型車の1位だった。

中型車燃費1位は現代i40(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事