<韓日首脳会談>文大統領「歴史を直視し、力を合わせて未来志向的協力を推進」

<韓日首脳会談>文大統領「歴史を直視し、力を合わせて未来志向的協力を推進」

2018年02月09日17時48分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅大統領と安倍首相が平昌で開かれた韓日首脳会談に先立ち、握手を交わしている。
  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と日本の安倍晋三首相による3回目の韓日首脳会談が9日、江原道平昌郡龍坪(カンウォンド・ピョンチャングン・ヨンピョン)で開かれた。

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領は全ての発言で「これまで数回にわたって明らかにしたように歴史を直視しながら首相と共に知恵と力を合わせて両国間未来志向的協力を推進しようと思う」とし「このため、シャトル外交を回復して改善するなど首脳レベルの緊密な疎通を強化しようと思う。両国が気の合う真の友人になることができることを望む」と話した。

  引き続き「特に、韓国政府は今回の平昌(ピョンチャン)『平和五輪』を機に北朝鮮の核問題を解決して韓半島(朝鮮半島)に恒久的な平和を定着させるための糸口を見つけるために努力している」として「首相も大きい関心を持って積極的に声援していただき、感謝申し上げる」と強調した。

  文大統領は「特に、今年は金大中(キム・デジュン)元大統領と小渕恵三元首相が21世紀の新しい韓日パートナーシップに対する共同宣言を発表して20周年になる年」として「節目の年を始めながら今日の会談で虚心坦壊な意見交換を通じて韓日間未来志向的な関係発展を推進するための基盤を強固に固めていくことを希望する」と強調した。

  安倍首相は「北朝鮮問題に対して韓国と日本、そして韓日米国間に緊密な協力関係を再確認すると同時に、韓国と日本の未来志向的で新しい関係構築のために率直に意見を交わしたい」と説明した。「平昌五輪の成功が東京五輪の成功につながってほしい」として「そのために共に協力していくことができる」と明らかにした。

  会談には日本側からは安倍氏のほか官房副長官の西村康稔氏、首相補佐官の長谷川榮一氏らが、韓国側からは文氏のほか外交部長官の康京和(カン・ギョンファ)氏、国家安保室長の鄭義溶(チョン・ウィヨン)氏、駐日大使の李洙勲(イ・スフン)氏らがそれぞれ出席した。

  安倍氏は平昌への出発直前、首相官邸で取材陣に対し、「日韓合意について、改めて日本の立場を明確に伝えたい」とし「未来志向の日韓関係にしていくべきと強く訴えていく」と明らかにしていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事