韓国の「鉄桶警護」の中で訪韓した金正恩委員長の妹・金与正氏

韓国の「鉄桶警護」の中で訪韓した金正恩委員長の妹・金与正氏

2018年02月09日17時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
金与正氏の警護に出た警護処要員(左下)と北朝鮮側要員のバッジが違う。(写真=中央フォト)
  金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)氏が9日午後、専用機(PRK-615)便で韓国に到着しながら韓国の警護にも非常事態になった。彼女は労働党第1副部長の肩書で平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)のために訪韓した。金日成(キム・イルソン)の血縁である、いわゆる「白頭(ペクトゥ)血統」の訪韓は今回が初めてだ。この日、北朝鮮代表団団長は憲法上首班である金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長だが、金与正氏にすべて関心が集まったのはこのためだ。

  韓国側は金与正氏の警護に万全の準備体制を備えていることが分かった。韓国側は立体的な警護を展開した。北朝鮮代表団を乗せた専用機が平壌(ピョンヤン)を出発して韓国領空に進入すると、空軍F-15Kが飛行に出た。軍関係者は「韓国の領空に入った後、空軍哨戒機であるF-15Kが接近して肉眼で確認した」として「あまりにも近付けば負担を感じる可能性があり、約15マイル(約24キロメートル)離れたところで確認した」と話した。

  軍関係者は「レーダーに探知された北朝鮮側専用機を肉眼で確認しただけで、近接飛行しながら警護した水準ではなかった」として「確認を終えた後、既存の作戦区域に移動した」と伝えた。北朝鮮空軍戦闘機が警護に出たのかとの質問には「韓国の探知能力が流出する可能性があり、答えることはできない」と回答を控えた。

  金与正氏が搭乗した専用機が仁川空港に到着してからは、青瓦台(チョンワデ、大統領府)警護処が投入された。普通警察や国家情報院が引き受けた水準を超えた。すでに韓国に入国した三池淵(サムジヨン)観研楽団の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長をはじめとする北朝鮮代表団と応援団は国家情報院が警護している。左側の胸に付けたバッジを見ると、警護処要員であることが分かる。

  車両も警護処から提供した防弾車両を使う。青瓦台はジェネシス(EQ900)を改造した警護車両を投じて空港鉄道まで移動した。がっちりした体つきの私服姿の北朝鮮側警護要員も目についた。北朝鮮では護衛司令部の要員が金正恩一家の警護を担当している。軍部隊の訪問の時には軍服を着たりもする。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事