南北合同海外工業団地視察団が出国

南北合同海外工業団地視察団が出国

2009年12月03日07時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  南北(韓国・北朝鮮)が合意した海外工業団地共同視察のための先発隊が中国・ベトナム現地点検のため2日に出国した。

  イ・カンウ南北協力地球支援団管理総括課長を団長とする開城(ケソン)工業団地管理委と中国駐在官ら南側の4人で構成された先発隊は、視察コースや日程などを調整する。先発隊は3日間の日程で中国の工業団地2カ所とベトナムの工業団地1カ所を訪問する。統一部の関係者は「先発隊の活動結果を基礎に北側と訪問場所・日程を最終調整する」と述べた。

  12日から10日間の日程で行われる共同視察の団長は、キム・ヨンタク統一部常勤会談代表に決まった。キム代表は6-7月、3回行われた開城工業団地実務会談で首席代表を務めた。共同視察団には南北10人ずつが参加する。

  玄仁沢(ヒョン・インテク)統一部長官は2日、国会議員会館で開かれた開城工業団地商品展示販売展で「南北共同視察は開城を国際競争力のある工業団地に発展させるうえで重要な契機になるだろう」と述べた。

【ホットクリック】

・ 北朝鮮、デノミどのように
・ 「日本は改革モメンタムが消え税金が重い国になる」
・ <ゴルフ>韓国女子ドリームチーム「日本に勝つ」
・ 実験場で爆発事故…6人死傷/抱川
・ カン・ドンウォン、インテリア手がけた個人所有ビルを公開
・ 皇后の夢「古書店で長時間立ち読みしたい」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事