「北は平昌出席で核保有国、同盟分離、制裁緩和…一石四鳥」

「北は平昌出席で核保有国、同盟分離、制裁緩和…一石四鳥」

2018年02月09日16時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
エヴァンズ・リヴィア元米国務次官補(中央フォト)
  北朝鮮が金与正(キム・ヨジョン)労働党中央委第1副部長を含む代表団の平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)参加を通じて、韓米同盟の対北朝鮮政策の隔たりを浮き彫りにするのに成功したと、米国の元高官が指摘した。エヴァンズ・リヴィア元米国務次官補は8日(現地時間)中央日報に「かつてワシントンと韓国は対北朝鮮政策の隔たりを管理する方法を探したが、不幸にも今は同盟の隔たりが過去のいつよりも明確になった」と述べた。

  リヴィア氏は「平壌(ピョンヤン)が金与正氏と金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長を冬季五輪開会式に派遣したのは、韓国政府の南北関係改善の熱望を最大限に利用しようという努力の一環」と述べた。続いて「韓国政府は五輪をきっかけに南北対話を拡大して南北和解と緊張緩和のための対話を熱望するが、北朝鮮の目的は韓国のビジョンとは関係がない」と指摘した。現在ブルッキングス研究所専任研究員のリヴィア氏は北朝鮮が平昌五輪参加を通じて追求する目標が大きく4つあると分析した。

  (1)事実上の核兵器保有国として地位を正常化する。北朝鮮が核兵器を決して放棄しないという立場を繰り返しても、韓国政府を北朝鮮との対話に引き込むことでこれを実現させる。

  (2)国連安全保障理事会の国際制裁と米国・韓国などの単独制裁を含め、国際社会の対北朝鮮制裁体制を弱化させる。国連安保理と米国の制裁対象である金与正氏、崔輝(チェ・フィ)国家体育指導委員長の平昌五輪派遣などを通じて、韓国政府が繰り返し現行制裁の例外を認めるよう強要しながらだ。

  (3)韓国と米国の対北朝鮮政策の隔たりを浮き彫りにして韓米同盟を分離させる。

  (4)北朝鮮の韓半島(朝鮮半島)統一談論とこれを実行するための戦略を進展させる。

  北朝鮮の戦略は韓米同盟を弱化させることに焦点を合わせ、「南北連帯」と「汎民族主義」を強調するという戦略だ。リヴィア氏「今までの北朝鮮の平昌五輪参加をめぐる展開を見ると、北朝鮮は4つすべてで成功している」と指摘した。

  リヴィア氏は「ペンス副大統領は安保理国際制裁や米国の単独制裁対象である北朝鮮官僚(金与正氏、崔輝氏)に会う可能性は低いとみられる」とし「このために北朝鮮が(制裁対象でない)金永南(キム・ヨンナム)委員長を開会式に派遣したのかもしれない」と述べた。また「もしペンス副大統領が北側と偶然に会うことになれば、北朝鮮代表団のうち金永南委員用が最も有力だろう」と予想した。

  リヴィア氏は韓米同盟間の対北朝鮮政策の矛盾について、文在寅(ムン・ジェイン)政権の大胆な介入政策とトランプ政権の最大限の圧力政策の衝突のためだと指摘した。リヴィア氏は「韓国は厳格な対北朝鮮制裁体制を守りながら果敢な対北朝鮮介入政策を遂行するのが不可能であり、一方、米国は同盟の韓国が北朝鮮政権に対する圧力を緩和する措置を積極的に取る間、北朝鮮への圧力を引き続き劇的に増加させるのは不可能」とし「北朝鮮はこのような矛盾を看破して活用している」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事