<五輪>韓国アーチェリーの威力...女子団体で7連覇

<五輪>韓国アーチェリーの威力...女子団体で7連覇

2012年07月30日09時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国女子アーチェリー団体代表チームが雨が降る悪条件の中でも、オリンピック(五輪)7連覇を果たした。

  韓国代表は30日午前(日本時間)、英ロンドンで行われた2012ロンドン五輪女子アーチェリー団体の決勝で中国を210-209と1点差で破った。韓国選手団にもたらした2つ目の金メダルだった。

  韓国はイ・ソンジン(全北道庁)、チェ・ヒョンジュ(昌原市庁)、キ・ボベ(光州広域市庁)が順に弓を引いた。スタートは不安定だった。韓国の第1エンドの最初の3射は7点、8点、6点だった。中国は8点、7点、8点でリードした。しかし韓国は残り3射で9点、9点、10点をマークし、49-47で第1エンドを終えた。

  第2エンドでは中国が追い上げた。中国選手が集中力を発揮して53-55とリードし、合計102-102と同点になった。競技場の緊張感はさらに高まった。

  勝負は第3エンドで分かれた。韓国代表チームはチェ・ヒョンジュが続けて10点をマークし、流れを引き寄せた。156-154と2点のリードを得た。

  最終の第4エンドでは中国が合計209点で先に競技を終えた。終盤まで勝負は予測できなかった。一度のミスでメダルの色が変わる状況だった。しかし韓国選手は落ち着いていた。最後の1射が8点なら延長戦に入るという状況で、キ・ボベは9点を追加した。韓国は中国を210-209で退け、優勝を決めた。

  韓国はアーチェリー団体戦が新設された1988年のソウル五輪から2012年ロンドン五輪まで大会7連覇を達成した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事