<中国の違法操業>殉職海警の涙の告別式…銃器使用も容認へ

<中国の違法操業>殉職海警の涙の告別式…銃器使用も容認へ

2011年12月15日10時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
違法操業中の中国漁船を拿捕する過程で殉職した故イ・チョンホ警査の夫人ユン・ギョンミさん(左から2人目)が故人の遺影を見ている。左からイ警査の次男ミョンホン君、夫人ユンさん、長男ミョンフン君、長女ジウォンさん。
  12日に40歳という年齢で人生を終えた西海(ソヘ、黄海)の守護者、故イ・チョンホ警査が14日、大田(テジョン)国立顕忠院で永遠の眠りについた。

  韓国の領海に侵入して違法操業を行った中国漁船の船長に刃物で刺されて殺害されたイ・チョンホ警査の告別式がこの日午前10時、仁川市中区北城洞(インチョンシ・チュング・ブクソンドン)の仁川海洋警察専用埠頭運動場で沈黙と嗚咽の中で行われた。

  牟康仁(モ・ガンイン)海洋警察庁長をはじめ、全国から集まった警察官の同僚や弔問客ら約800人がイ警査を見送った。弔問団を送った駐韓米国大使館とは違って、駐韓中国大使館側は告別式に出席しなかった。牟庁長は弔辞で「この犠牲が無駄にならないように、より強力で厳正な法執行で大韓民国の国権をしっかりと立てる」とし「故人の階級を前もって高められなかったのが悔やまれる」と目に涙を浮かべた。イ警査は1月に勤続昇進を控えていた。イ警査の遺影の前には1階級特進(警長→警査)任命状が置かれた。

  李明博(イ・ミョンバク)大統領は崔東海(チェ・ドンヘ)青瓦台治安秘書官を通して哀悼の意を伝えた。李大統領は「このようなことが二度と起きないように根本的な対策を立てる」と伝えた。故人の娘ジウォンさん(14)と二人の息子のミョンフン君(12)、ミョンホン君(10)には「お父さんの遺志を継いで立派に育ってほしい」と慰労した。政府は故人に玉条勤政勲章を授与した。

  3005号の検索隊員の同僚チャン・ソンウォン巡警は「装備を手渡しながら絶対にけがをしないようにと言っていたチーム長がどうして先に行ってしまったのか」と涙声で話した。イ警査とともに中国船員に刃物で刺され、仁荷(イナ)大病院で治療を受けているイ・ナクフン巡警(33)は「手術の後、真っ先にイ警査がどうなったか尋ねたのに…」とし、言葉を続けられなかった。イ警査の遺体は仁川市立火葬場で火葬された後、大田(テジョン)国立顕忠院に安置された。

  一方、イ警査を殺害して海洋警察の公務執行を妨害した疑いで捕まった中国人船長の程大偉容疑者(42)と船員8人の拘束については、15午後、仁川地裁の拘束令状実質審査を経て決定される。仁川海洋警察は令状審査が終わりしだい、海洋警察専用埠頭で拿捕した中国漁船の魯文漁15001号で現場検証を行う予定だ。

  海洋警察は14日午後、総警級以上の指揮官会議を開き、違法操業をする船員らが凶器を使う場合、銃器を使って鎮圧し、船を拿捕することにした。また正当に銃器を使用すれば該当警察官に責任を問わないことにした。

  牟庁長は「取り締まり警察官の生命を脅かす漁船は‘凶悪犯罪組織’と見なすしかない」とし「すべての案を動員して海上主権を確立する」と述べた。海洋警察の新しい指針は規定の改正を経て早ければ来月から施行される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事