韓国系ゴルフ選手ミシェル・ウィー、NBAレジェンドのジェリー・ウェスト氏の息子と非公開結婚

韓国系ゴルフ選手ミシェル・ウィー、NBAレジェンドのジェリー・ウェスト氏の息子と非公開結婚

2019年08月12日11時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国女子プロゴルフ(LPGA)ツアーの韓国系スター、ミシェル・ウィー(30)が結婚したとUSAトゥデイなど米メディアが12日(韓国時間)報じた。お相手は米プロバスケット(NBA)のレジェンド、ジェリー・ウェスト氏の息子であるジョニー・ウェスト氏(31)だ。ミシェル・ウィーは現地時間11日、ロサンゼルスのビバリーヒルズで知人だけが参加した中で非公開結婚式を挙げた。

  夫になったウェスト氏は1960~70年代、NBAのロサンゼルス・レイカーズで活躍したジェリー・ウェスト氏(81)の息子だ。ウェスト氏はNBAの象徴的な人物だ。ドリブルする選手のシルエットをあしらったNBAのロゴはジェリー・ウェスト氏の実際の写真を利用したものだ。そのため、ウェスト氏の別称が「The Logo」だ。プレーオフなどビッグゲームにとりわけ強くて「ミスター・クラッチ」というニックネームも付けられた。

  1969年ボストン・セルティックスとのチャンピオン決定戦でチームが負けたのに最優秀選手賞(MVP)を受けた。負けたチームの選手がMVPになったのは彼が唯一だ。当時42得点、13リバウンド、12アシストを記録した。ジェリー・ウェスト氏は引退した後、レイカーズとメンフィス・グリズリーズの団長を務めて2度にわたって今年の団長賞を受賞した。

  身長190センチの息子、ジョニー・ウェスト氏は父親が卒業したウェストバージニア大学でバスケットボールをしたが、プロ選手として成功することができなかった。現在、NBAゴールデンステート・ウォリアーズで理事を務めて能力を認められている。父親のように次期NBA団長という評価を得ている。

  ミシェル・ウィーは1月、ソーシャルメディアにジョニー・ウェスト氏と撮影した写真を掲載した後「数日間ラブとともに過ごした」と書いた。3月にはプロポーズを受ける写真をソーシャルメディアに掲載した。

  ミシェル・ウィーはスタンフォード大学の新入生だった2008年には1年先輩であるバスケット選手のロビン・ロペズ(31、2メートル13センチ)と付き合ったことがある。ロペズは現在、シカゴ・ブルズで活躍している。

  ミシェル・ウィーは現在、手首などのけがで競技に参加できない状態だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事