「もうろくした金正日、暴悪な豚金正恩」…北のツイッターハッキング

「もうろくした金正日、暴悪な豚金正恩」…北のツイッターハッキング

2011年01月09日09時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「わが民族同士」のアカウントに書き込まれた誹謗のツイート。
  



  金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の後継者とされる金正恩(キム・ジョンウン)の誕生日となった8日、北朝鮮が運営するインターネットサイトとツイッター、ユーチューブのアカウントが相次いでハッキングされ金正日・金正恩父子を誹謗してあざける文章と絵が掲示された。

  対南宣伝機関の祖国平和統一委員会が運営しているサイト「わが民族同士」のツイッターアカウント(@uriminzok)には8日午前、金父子を露骨に批判する書き込みがされた。この日午前7時ごろ連続して書き込まれた4件のツイートは、「わが人民の敵金正日逆徒と息子金正恩を追い出し新しい世の中を作ろう!」など、北朝鮮の語り口をまねた露骨な内容を含んでいる。ハッキング前にこのツイッターに書かれた最後のツイートは南北対話を要求する7日午後の声明文だった。この日午後8時現在残されている誹謗のツイートはツイッター利用者のリツイートで拡散している。北朝鮮のツイッターアカウントはパソコンではアクセスできないが、スマートフォンのアプリケーションでは可能だ。

  また、「わが民族同士」のメイン画面にも金父子を茶化す絵が掲載された。現在韓国内からのアクセスが遮断されているこのサイトのメイン画面は、迂回接続したネットユーザーによりキャプチャーされインターネットで広がっている。これによると、サイトには「中国なしでは国の自主性も守れないもの乞い外交」という文とともに、金父子が中国皇帝に土下座する絵が掲載された。このサイトはハッキングされた後サーバーを遮断してアクセスできなくなっている。動画投稿サイトのユーチューブにも金父子を戯画化した別の動画が上げられた。

  一方インターネットコミュニティサイトのDCインサイドの「延坪島(ヨンピョンド)北朝鮮挑発ギャラリー」のユーザーらは、自分たちが「わが民族同士」のサイトなどをハッキングしたと主張している。あるユーザーが上げた「わが民族同士の状況整理」という書き込みは、「『わが民族同士』の投稿欄に縦読み(各行の最初の文字だけ読んで解読する方式)で金正日を誹謗する文を載せたが、『わが民族同士』が報復でDDos攻撃をした。これに激憤してサイトをハッキングした」と説明している。

  これに先立ち、6日の対北朝鮮短波ラジオ自由北朝鮮放送によると、昨年12月21日に「わが民族同士」の掲示板には各行の最初の文字を組み合わせる方式で金日成父子を誹謗する文が掲載され、サイト運営者らが処罰を受けることになったという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事