文大統領「今後2カ月の南北・朝米会談に韓半島の運命かかる」

文大統領「今後2カ月の南北・朝米会談に韓半島の運命かかる」

2018年03月13日08時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅大統領が12日に青瓦台で開かれた首席・補佐官会議を主宰している。文大統領は「今後2カ月間に南北首脳会談と朝米首脳会談が相次ぎ行われ重大な変化があるだろう。われわれが成功させるなら世界史的に劇的な変化が作られるものであり、大韓民国が主役になるだろう」と話した。(写真=青瓦台写真記者団)
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が12日、南北首脳会談と朝米首脳会談が開かれる「運命の春」に対する準備に入った。外では中国、ロシア、日本に青瓦台(チョンワデ、大統領府)高官を送り訪朝結果を説明し、内部的には南北首脳会談準備委員会を構成して本格的な首脳会談に備えた。

  文大統領はこの日青瓦台で主宰した首席・補佐官会議で、「この機会をしっかり生かすか否かに大韓民国と韓半島(朝鮮半島)の運命がかかっている」と話した。続けて「今後2カ月間に南北、朝米首脳会談が相次ぎ開催され重大な変化があるだろう。われわれが成功させれば世界史的に劇的な変化が作られることであり、大韓民国が主役になるだろう」としてこのように明らかにした。

  文大統領は「われわれが2カ月という短い期間に成し遂げようとしているのはこれまで世界が成功できなかった大転換の道。そのため結果も楽観するのが難しく、過程も慎重なのが現実」と話した。続けて「国民のみなさんの支持と声援だけが予測不可である外部的変数に勝ち抜きわれわれを成功に導く力になるだろう。ぜひ与野党、保守と進歩、理念と陣営を超越して成功的会談になるよう国力をひとつに集めるよう国民に丁寧にお願いしたい」と話した。

  この日北京に出国した鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台国家安保室長は習近平中国国家主席と会い、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長とトランプ米大統領との面談結果を説明した。核・ミサイル挑発即時中断の約束と今後の朝米首脳会談を通じた核廃棄と体制保障議論という金正恩のメッセージを伝えた。外交安保高位当局者は「鄭室長がトランプ大統領に会ったのに続きすぐ習主席に会う理由は、これまで北朝鮮を相手にする唯一の窓口だった中国側が疎外感を感じないようにしようとするもの」と明らかにした。南北首脳会談と朝米首脳会談が北朝鮮非核化に進む最優先手順だが、今後北朝鮮が要求する平和協定締結議論などでは休戦協定の当事者である中国を排除し難い。鄭室長はその後ロシアのモスクワに向かいロシアの当局者と会う。

  これとともに徐薫(ソ・フン)「国家情報院長と南官杓(ナム・グァンピョ)青瓦台国家安保室第2次長はこの日日本に行き、13日に安倍晋三首相に訪朝・訪米結果を説明する。これまで南北の和解ムードとは反対に韓米日3カ国の対北朝鮮圧力共助を要求した日本を相手に「ジャパンパッシング」はないということを伝え、対話を通じた北朝鮮の非核化に日本も積極的に取り組んでほしいと要請する計画だ。安倍首相との面談に先立ちこの日徐院長らと会った河野太郎外相は、「韓国の努力に敬意を表わす。現状は東アジアの奇跡直前の状況と評価する。今後韓半島非核化問題解決に向け韓国と緊密に協議して協調していく」と話したと金宜謙(キム・ウィギョム)青瓦台報道官が伝えた。

  青瓦台がリアルタイムで周辺国外交に出た理由は南北、朝米首脳会談後に韓半島の地形が急変する場合、周辺国との共助が必須であるためだ。例えば青瓦台の希望通りに北朝鮮が核廃棄ロードマップに合意する場合には周辺国との共同監視が避けられない。また、北朝鮮が望む朝米修交は日朝関係正常化ともつながっている。青瓦台高位関係者は「両首脳会談が成功裏に進められる場合、その後の韓半島周辺はわれわれも想像力を動員しなければならない状況」と話した。

  青瓦台は任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長を委員長とする南北首脳会談準備委員会を設け今週中に人選を終える。青瓦台核心関係者は「南北間では首脳会談に先立ちホットライン設置も合意したがまだ構築作業は始まっていない。北朝鮮との実務協議を通じて推進する事案」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事