漢江の水36年間無料使用のOBビール、77億ウォン以上の利得(1)

漢江の水36年間無料使用のOBビール、77億ウォン以上の利得(1)

2015年01月19日16時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国ビール市場シェアトップのOBビールが過去36年間、南漢江(ナムハンガン)の水を取水してビールを生産しながら、最近まで河川水使用料を一銭も支払ってこなかったことが18日、明らかになった。

  京畿道(キョンギド)と驪州市(ヨジュシ)によると、OBは南漢江の驪州堰付近800メートル地点で取水している。取水した水はパイプを通ってOB利川(イチョン)工場に移され、ビールが作られる。このように河川水を使用する場合、漢江洪水統制所から取水許可を受けて使用料を支払わなければならない。OBは1979年9月4日、初めて河川水使用許可を受けた。許可の通報を受けた地方自治体は「河川占用許可を受けた者から土地の占用料、その他の河川使用料を徴収することができる」で明示した河川法第37条に基づき、使用料を徴収できる。

  しかし京畿道議会のヤン・グンソ議員(新政治民主連合)によると、河川管理庁の京畿道と驪州市は最近まで河川水使用料を徴収しなかった。京畿道は当初、「OBビールの南漢江水使用料はダム建設法上のダム用水使用料賦課対象であるため、河川水使用料賦課対象でない」という立場を出した。85年に忠州(チュンジュ)ダムが建設され、ダムの支流の水を使用する場合は韓国水資源公社にダム用水使用料を支払うようにしたが、OBもここに該当すると見なしたのだ。

  しかしOBはダム用水使用料も支払っていなかった。ダム建設法に「ダム建設以前に河川水の使用許可を受けて水を使用する場合には使用料を受けない」という免除条項に基づく。OBは忠州ダム建設(85年)以前の79年に初めて河川水使用許可を受け、ダム用水使用料の免除を受けた。その代わり地方自治体が河川水使用料を受けなければならなかったが、京畿道と驪州市はこれを徴収しなかった。

  36年間にOBが使用した河川水は昨年の平均使用量である一日1万2000トンで計算すると、合計1億5000万トン。現在の工業用水1トンあたり50.3ウォンで使用料を換算すると、使用料は77億ウォン(約8億4000万円)ほどだ。一日許可量3万5000トンを基準とすると、使用量は合計4億5000万トン、金額では約225億ウォンにのぼる。

漢江の水36年間無料使用のOBビール、77億ウォン以上の利得(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事