女優シム・ウンギョン主演の日本映画『新聞記者』、韓国公開10月に確定

女優シム・ウンギョン主演の日本映画『新聞記者』、韓国公開10月に確定

2019年09月10日15時22分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本映画『新聞記者』のスチール写真
  日本映画『新聞記者』が10月の韓国公開を確定させた。

  『新聞記者』はフェイクニュースからコメントねつ造まで、国が隠そうとする真実を執拗に追う記者の姿を描いている。6月に日本で公開された当時、日本社会とジャーナリズムの裏側に鋭く切り込み、日本映画会社からはなかなか出てきにくい異例の作品として、日本社会で大きな反響を呼んだ。シム・ウンギョンが主演ということで韓国でも関心が集まっている状況で、10月公開確定のニュースが伝わりながら9日にはスチール写真も同時公開された。

  劇中、シム・ウンギョンは政府が隠そうとする真実を明らかにするための熱血記者・吉岡エリカに扮して、さらに厚みが増した演技で観客を引きつける。公開されたスチールで、シム・ウンギョンは薄暗い部屋に一人座り、事件に関連のある資料と思われる映像を再生しているノートブックの光に照らされながらメモだらけの書類を調べている。彼女の背後には複雑な事件関係図が壁面いっぱいに広げられ、その上には新聞スクラップ資料やメモが所狭しと貼り付けられていて見る者の関心を一気に引きつけている。政府が隠そうとしていることは何か、また、吉岡は真実をどう暴いていくのか好奇心をかきたてるスチール写真は『新聞記者』に対する期待をさらに高めている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事