<サッカー>仁川の張外龍監督、Jリーグ大宮の監督に内定

<サッカー>仁川の張外龍監督、Jリーグ大宮の監督に内定

2008年12月10日09時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  サッカー仁川(インチョン)ユナイテッドの張外龍(チャン・ウェリョン、49)監督がJリーグ大宮アルディージャの監督になる。

  仁川ユナイテッドのキム・ソクヒョン副団長は9日、「大宮が1週間前に張監督に監督就任のオファーを出し、きょう欧州出張から帰国したアン・ジョンボク球団社長が新たなチャレンジをしたいという張監督の意向を受け入れた。あす午前に張監督が記者会見を開きJリーグ行きを選択した背景と具体的な契約条件などについて話す」と明らかにした。

  張外龍監督はまず1年間大宮を指揮し、成果により契約延長を決める。年俸は基本給と手当てを合わせ6000万円という。

  大宮は2005年にJ2から昇格し4年連続でJ1にとどまっている中堅クラスのチームで、今年の成績は12位だった。

  張監督は2000年に日本のベルディ川崎、2001~2003年にコンサドーレ札幌で監督を務めた親日派。仁川が創団した2004年に首席コーチとしてKリーグに復帰し、2004年9月に辞任したロラント監督の後任としてチームを牽引した。仁川との契約はあと1年残っていたが、球団は張監督の決断を妨げなかった。

  張監督は記者会見を翌日に控え選手らと個別にあいさつを告げた。キャプテンの林重容(イム・ジュンヨン)は、「選手団全体がとても残念がる雰囲気だ」と伝えている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事