【写真】選手権に向け瞑想にふける韓国カーリング女子選手

【写真】選手権に向け瞑想にふける韓国カーリング女子選手

2018年03月13日08時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
12日、慶尚北道義城の孤雲寺で僧侶と共に瞑想中の韓国カーリング女子代表の(左から)金栄美、金恩貞、金敬愛、金善英、キム・チョヒ。
  12日、慶尚北道義城郡(キョンサンブクド・ウソングン)の謄雲山(トゥンウンサン)にある孤雲寺(コウンサ)。西暦681年に義湘が創建したこの寺は、新羅時代に学者の崔致遠(チェ・チウォン)の号である「孤雲」にちなんで現在の名前に改名された。

  この寺で見慣れた顔の選手たちが瞑想にふけっていた。2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)女子カーリング銀メダルリストの金恩貞(キム・ウンジョン、28)、金栄美(キム・ヨンミ、27)、金善英(キム・ソニョン、26)、金敬愛(キム・ギョンエ、25)、キム・チョヒ(22)だ。

  代表チームは今月17~25日、カナダ・オンタリオ州ノースベイで開催される2018世界女子カーリング選手権大会に出場する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事