【社説】「尹昶重事件」は国格への醜行=韓国

【社説】「尹昶重事件」は国格への醜行=韓国

2013年05月11日11時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  尹昶重(ユン・チャンジュン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官のセクハラ疑惑は一言で衝撃的だ。朴槿恵(パク・クネ)大統領の最初の海外訪問に随行した高位公職者として、とうてい理解できない行動だ。真相は現地警察の捜査結果で明らかになるだろうが、これまでの疑惑と容疑だけでも国の恥だ。国民のプライドと国格が醜行された事件といっても過言ではない。さらに性的暴行の根絶を強調する女性大統領の周辺でこうしたスキャンダルが浮上した。

  一次的な責任は当然、本人にある。大統領に随行しながら米国に遊びに行く考えだったのか。地位が高まったことで、若い現地のインターンは何をしてもかまわない“乙”と見たのか。大統領は米国で韓米首脳会談や議会演説など重要な日程を消化した。大統領を補佐する随行員はいつよりも緊張して集中する必要があった。それでも大統領の口である尹前報道官が、大統領の重要日程を残した時点に夜遅く酒を飲んだというのは、青瓦台の紀綱がどれほど緩んでいるかを示している。セクハラ以前に、飲酒だけでも懲戒に値する。青瓦台公職者の紀綱と責任意識はその程度なのか。

  事件を認知した後に隠した青瓦台秘書ラインにも問題がある。現地同胞社会が騒々しくなり、韓国メディアが疑惑を報道した後も、「個人的にかんばしくないことがあった」という説明をしただけだ。手のひらで空を隠すような格好だ。自分たちの仲間を守るという2次非難を自ら招いた。青瓦台秘書室のこうした対応態勢は納得しがたい。

  大統領の人事責任も指摘せざるをえない。酒に酔って瞬間的に衝動を抑制できなかった個人スキャンダルとはいえ、その程度の人物を起用した人事権者にも問題があるということだ。特に尹前報道官は起用当時から野党の激しい反発を招き、業務を遂行しながらも報道機関との関係が滑らかでなかった。このため尹前報道官は朴大統領の不通人事の代表例に挙げられたりもした。野党はもちろん、与党内でも「いつか事故を起こすと思っていた」という声が出ている。

  大統領はそのまま事件を済ませることはできない。いかなる形であれ、国民に謝罪と遺憾の意を表さなければ、世論は収まらないだろう。尹前報道官個人の件として縮小できないレベルになった。今後、人事検証を厳格にするという程度では済まない。検証をいくら強化しても、選ぶ人が変わらなければ限界がある。人事検証とは人事権者の好みに合わせて進行する傾向があるからだ。結局、人事権者が自ら変わるしかなく、今回がその絶好のタイミングだ。

  海外メディアも今回の事件を大きく扱っている。恥が国際的に広がったのだ。朴大統領の訪米成果も「尹昶重スキャンダル」に隠れてしまいそうだ。大統領の訪米成果が薄れないためにも、人事失敗の再発を防ぐための厳重な自己検証と責任追及が後に伴わなければならない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事