1年間に車両障害15件…「KTX山川」は安全なのか

1年間に車両障害15件…「KTX山川」は安全なのか

2011年02月16日11時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  11日に光明(クァンミョン)駅で脱線した高速列車「KTX山川」は、運行開始およそ1年間で少なくとも15件の車両障害を起こしていたことが分かった。今回の脱線事故の直接的な原因である線路の信号体系整備とともに、「KTX山川」車両に対する総合的な安全点検も急がれる、という指摘が出ている理由だ。

  韓国鉄道研究院のある関係者は15日、「時速300キロの速度で走る高速列車は小さな障害でも大事故につながる」とし「KTX山川の数々の障害に対する総体的な安全点検が急がれる」と述べた。

  昨年3月に京釜(キョンブ)線や湖南(ホナム)線をはじめとする現場に投入された「KTX山川」は現在19本が運行されている。07年に開発される当時から輸出を視野に入れた韓国型高速列車として推進され、名前も韓国の「山川魚(ヤマメ)」に似ているということで「山川」と付けられた。

  性能も大きく向上した。フランスから導入したKTX列車(「KTX I」)に比べて時速が30キロほど速い。また「KTX I」は20両編成である一方、「KTX山川」は10両編成となっている。旅客の需要に合わせて柔軟に列車を編成でき、運営の効率を図れるように設計されたのだ。

  座席も改善された。「KTX I」の座席は固定され、客車1両当たり半分は進行方向の反対側を向いて座らなければならないが、「KTX山川」はすべての座席が回転し、進行方向を向いて座れる。

  国土海洋部と製作会社の現代(ヒョンデ)ロテムはこうした優れた点を強調しながら、昨年から米国やブラジルなどの高速鉄道市場進出を推進している。しかし今回の脱線事故のため、安全性に対して不安の声が強まることになった。海外進出に赤信号が灯るかもしれない。

  コレイル(韓国鉄道公社)側が公式的に明らかにした「KTX山川」の障害件数だけで12件にのぼる。昨年3-10月に発生したものだ。昨年10月から今年初めまでさらに3件の障害が発生した。

  「KTX山川」の最初の障害は路線投入1カ月後に発生した。昨年4月、光明駅構内で列車自動制御装置(ATC)信号が表示されず、非常制動した。今年に入っても今月6日、ソウルに出発する予定だった「KTX山川」のバッテリーが故障し、運行が13分遅れた。先月31日には馬山(マサン)発の「KTX山川」が制動装置の異常で54分間運行されなかった。「KTX山川」の障害の原因は信号装置障害が7件で最も多い。

  国土海洋部のある関係者は「光明駅脱線事故を調べる航空鉄道調査委員会で‘KTX山川’の構造的欠陥の可能性も点検する方針」と述べた。また国土海洋部は21日から3週間、KTX開通後の故障実態とコレイルの列車運営、信号制御体系などの特別点検を実施する。

【ホットクリック】

・韓米合同軍事訓練で2年ぶりに空母が参加…北挑発に備え
・ハン・スンヨンの父「KARA分裂はギュリのせい」
・1年間に車両障害15件…「KTX山川」は安全なのか
・金永南「南が対話破綻の責任を負うべき」
・【写真】エリック・クラプトンの公演場に姿を現した金正日の二男
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事