ソウル大学の自動運転車、5月に初めて都心を走行

ソウル大学の自動運転車、5月に初めて都心を走行

2017年03月30日11時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
5月に韓国で初めて一般道路試験走行をするソウル大学の自動運転車「スヌバー」(SNUver)。
  ソウル大学が開発した自動運転車「スヌバー」(SNUver)が5月にソウル・汝矣島(ヨイド)の道路を走る。自動運転車が韓国で一般の市内道路を走行するのは初めてだ。ソウル大学知能型自動車IT研究センターは29日、国土交通部から「スヌバー」の一般道路臨時運行許可を27日に受けたと明らかにした。

  自動運転車が市内の道路を走る許可を取得したのは、高い運行技術力を認められたものだ。歩行者と信号、車線など多様な突発変数を認識しなくてはならないためだ。今回の走行でソウル大学研究陣は非常状況に備え運転席に搭乗する。

  ソウル大学は許可証交付の他にナンバープレート交付など臨時運行に必要な諸般の手続きもすべて終えたと明らかにした。ソウル・汝矣島周辺で試験運行を進めるために国土交通部や警察庁と路線や日程などを協議中だ。

  韓国の自動運転車運行許可は昨年3月に現代(ヒョンデ)自動車が初めて受けた。その後ソウル大学、漢陽(ハンヤン)大学、現代モービスなどが競争に加勢した。以降韓国国内で何度も実験が行われたが、すべて高速道路や国道のように運行難易度が低い道路だった。韓国での市内走行はソウル大学研究チームが最初に試みるものだ。

  現代自動車はすでに一段階高い技術を保有しているが、市内道路走行は韓国ではなく米国で進めた。現代自動車の自動運転車「アイオニック」は米自動車工学会(SAE)基準5段階のうち4段階である「完全自動運転」技術を備えた。4段階はドライバーが車にまったく手を触れなくても車が自動で目的地に到着する水準で、事実上自動運転の完成段階の技術だ。現代自動車は1月に米ラスベガス市内4キロメートル区間で試験走行に成功した。

  スヌバーはSAE基準で3段階の自動運転車だ。3段階は突発状況が発生すれば人が直接運転しなければならない水準だ。ソウル大学は「テストを通じ今後4段階走行ができるよう研究を発展させていく計画だ」と話した。ソウル大学は4段階に属する完全無人都心走行テストに成功すれば本格的な商用化作業に着手する。

  国ごとに道路事情が異なり、韓国での市内道路運行は米国より難易度が高いという分析もある。大林(テリム)大学自動車学科のキム・ピルス教授は「米国の市内道路は韓国より道路幅が広く車の密集度が低いためセンサーが周辺の道路状況を判断するのが容易だ。韓国はタクシーやバスの車線変更、歩行者の横断などが多く、汝矣島での試験走行は難易度が相当高い試みだ」と話している。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事