韓国、低成長長期化が懸念…4四半期連続の0%台成長

韓国、低成長長期化が懸念…4四半期連続の0%台成長

2015年04月23日17時19分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年1-3月期の韓国経済は前期比0.8%の成長にとどまり、これで4四半期連続0%台の低成長局面が続いている。

  23日、韓国銀行が発表した「実質国内総生産(GDP)速報分」によると、今年1-3月期のGDPは361兆9710億ウォンで前期比0.8%増加した。国内総所得(GDI)は370兆8698億ウォンで前期比3.6%増加した。

  部門別では建設投資が7.5%、知識財産生産物投資が2.6%増えて成長を導いたが、民間消費増加率は0.6%、設備投資と輸出増加率は0%を記録して不振が続いた。

  昨年における四半期別の成長率を見ると、1-3月期には1.1%に達したが、4-6月期0.5%、7-9月期0.8%をそれぞれ示し、10-12月期には税収不足にともなう財政支出の減少で0.3%にとどまった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事