韓国人小説家韓江氏、イタリア文学賞を受賞

韓国人小説家韓江氏、イタリア文学賞を受賞

2017年09月15日14時06分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国小説家の韓江氏
  韓国の小説家、韓江(ハンガン)氏が小説『少年が来る』でイタリア文学賞「マラパルテ」のことしの受賞者に選ばれた。

  イタリア文学界の巨匠アルベルト・モラビアの主導で創設されたマラパルテ文学賞は、優れた作品で世界文学に活力を吹き込んだ外国作家に与えられる。

  

  歴代受賞者には、1976年ノーベル文学賞を受賞したカナダ生まれの米国の小説家ソール・ベロー、1991年に同じくノーベル文学賞を受けた南アフリカ共和国の小説家ナディン・ゴーディマーらがいる。この他にも仏小説家ミシェル・トゥルニエや米作家スーザン・ソンタグらがいる。

  マラパルテ文学賞審査委員会のラファエル・ラ・カプリア 委員長は韓江氏の『少年が来る』について、「生き生きとしたイメージが読者の興味を引き、読了するまで本を閉じさせない」と評価した。

  2014年に発表された小説『少年が来る』は、1980年5月の光州(クァンジュ)で起きた民衆抗争を舞台に、軍に対抗して命を落とす中学生の主人公とその周辺人物の運命を描いた小説だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事