【時視各角】長い冬眠を準備するサムスン・現代車(1)

【時視各角】長い冬眠を準備するサムスン・現代車(1)

2015年11月17日08時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  昨年、世界自動車市場の規模は8445万台。このうち高級車は833万台だ。しかし注視する数値は別にある。過去5年間、大衆車は年平均6%増えたが、高級車は10.5%ずつ成長した。高級車の潜在力がより大きい。営業利益率の明暗も分かれる。大衆車が主力であるGM・フォードなどの営業利益率は3.9%だったが、高級車中心のベンツとBMWは8.8%にもなる。現代車が先週エクウスをやめてジェネシスを高級車とした理由もこのためだ。高級車に正面勝負をしなければ未来はないという判断だ。危機意識だ。

  しかし現代車が完全に変わった真の姿は別のところにある。現代車は最近売りに出された現代証券に興味を示さなかった。4年前に「グループアイデンティティ」を前に出して現代建設を買収した時とは違う状況だ。先週は「(危機に陥った)現代商船の買収も検討したことがない」と宣言した。現代車の孔泳云(コン・ヨンウン)副社長は「別の分野に目を向ける暇がない」とし「電気自動車・自律走行車など新しい流れを逃さず先導投資するだけで手がいっぱい」と説明した。

  サムスングループの系列会社売却当時、サムスンをよく知る専門家らは驚いた。売却の対象にサムスン精密化学が含まれたからだ。この会社の元々の名前は韓国肥料。1966年にサッカリン密輸事件でサムスンが株式の51%を国に献納した企業だ。それでもサムスンが完全に手を放したわけではなかった。「創業者の李秉チョル(イ・ビョンチョル)会長の愛情が注がれた企業」とし、徐々に株式を買い進めた。そして27年ぶりの94年、政府が民営化のために韓国肥料を市場に出した時、勝負に出た。

  当時、サムスンの秘書室は買収に強く反対した。肥料市場の将来が明るくないうえ、国営企業当時に組織された強力な労組があった。サムスンの無労組方針に合わなかった。しかし李健熙(イ・ゴンヒ)会長の立場は全く違った。「無条件に韓国肥料を買収するべき」と注文した。先代会長の思いを晴らし、名誉回復のための賭けだった。サムスンは結局、産業銀行の内定価格(1300億ウォン)をはるかに上回る2300億ウォンで韓国肥料を落札した。今のサムスンには小さな金額かもしれない。しかし当時3兆ウォンほどだったサムスン電子の時価総額を勘案すると、大きな賭けだった。サムスンが先代会長の手垢が付いた、深い縁があるサムスン精密化学を19年ぶりに売却したのだ。

【時視各角】長い冬眠を準備するサムスン・現代車(2)
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事