駐韓日本大使館前に「13歳の慰安婦少女」の平和の碑

駐韓日本大使館前に「13歳の慰安婦少女」の平和の碑

2011年12月15日08時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
14日にソウルの駐韓日本大使館向かいに慰安婦被害者による水曜集会1000回目を記念する「平和の碑」が建てられた。この日の集会には市民1000人余りが参加した。
  日帝強占期の慰安婦動員に対し日本政府の謝罪と賠償、責任者処罰などを求める水曜集会が14日で1000回を迎えた。この日ソウルの駐韓日本大使館の前で開かれた水曜集会は市民1000人余りが参加し、大使館前の道路を埋め尽くした。

  韓国挺身隊問題対策協議会は1000回目の集会を記念し、日本大使館の向かいに「平和の碑」を建てた。市民の募金により建てられた平和の碑は、慰安婦として連れて行かれた13歳の少女を刻んだ青銅像で、少女はこぶしを握って日本大使館を正面から見つめている。平和の碑を彫刻したキム・ウンソン氏は、「幼い少女が感じた悲しみと怒りを表現した」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事