【コラム】韓国に漂うオリンピック冷笑主義

【コラム】韓国に漂うオリンピック冷笑主義

2018年02月09日14時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
【コラム】韓国に漂うオリンピック冷笑主義
  “宴会”の日にこのような話をするのはちょっと首を傾げることかもしれない。だが、実状はそうではないだろうか。本当にオリンピックをするのだろうかと思う。一時は「オリンピッククッポン(盲目的愛国主義)」ともいうほどだった。オリンピックが開かれると、すべてのイシューを吸い込んで本来重要な懸案が見えなくなってしまうという懸念だった。今は逆に「オリンピックパッシング」というほど無関心だ。88オリンピック(ソウル五輪)以降、30年ぶりにこの地で開かれる世界的祭典なのに、いつの間に大韓民国はクールになったのか。

  兆候はあった。資金を思い切り注ぎ込んでも残るものはあまりないという、全世界的な学習効果だった。オリンピック開催地は7年前に確定する。2016年リオ、2020年東京に続き2024年夏季五輪をめぐり、昨年、国際オリンピック委員会(IOC)総会が開かれた。激しい誘致戦がなければならないのに、有力候補だったローマ・ボストンは途中で降りた。残ったのはパリとロサンゼルスの2カ所だけだった。このことを受けてIOCが知恵を働かせ、2024年パリ、2028年ロサンゼルスに分散させ、11年後の五輪開催地まで確定してしまう前代未聞のことが起きた。高麗(コリョ)大学のリュ・ソンオク教授は「誇示型メガイベントに対する疲労感」と診断する。

  韓国はもっと特殊だ。1990年代から金メダルをさらっていたショートトラックとキム・ヨナという傑出したスターがいたが、韓国で冬季スポーツは不人気種目に近い。ソウル以外の都市は眼中にない中央集中的思考も一役買ったようだ。もちろん決定打は北朝鮮だった。市中には「今回のオリンピックは合同チームに始まり、玄松月(ヒョン・ソンウォル)を経て金与正(キム・ヨジョン)で終わる」という言葉が広まっている。

  単に北朝鮮に視線が集中し、オリンピックへの関心が削がれたというようなレベルではない。2017年ソウル大学平和統一研究院の調査によると、20代の北朝鮮政権に対する信頼は26.2%と8年前に比べて15.6%ポイントも下落した。反面、20代の77.9%が北朝鮮の武力挑発の可能性があると答え、これは全年齢帯で最も高かった。反北感情では2030代も「右派親父たち」に負けていない。今までやられてきた北朝鮮のてんかんや恐喝に懲りたせいで、オリンピックだと言いながら彼らが韓国に来てのさばる格好を見たくもないということだ。北朝鮮嫌悪がオリンピックへの冷笑につながっている。

  積もりに積もって凝縮されてきた男性嫌悪が爆発したのが最近の一連の「#Me Too」運動だ。北朝鮮嫌悪もやはり同じような側面がある。金与正をあたたかく迎え、南北首脳会談成功だけに集中している場合ではない。亀裂は思わぬところから入るかもしれない。

  チェ・ミンウ/政治部次長
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事