<WBC>日本が決勝挫折、韓国SK出身投手に手も足も出ず

<WBC>日本が決勝挫折、韓国SK出身投手に手も足も出ず

2013年03月18日14時00分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
SKワインバーンズ時代のマリオ・サンティアゴ。
  3月18日、2013ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝で日本がプエルトリコに1-3で敗れ、決勝への進出はここで途絶えることになった。

  プエルトリコは韓国のSKワインバーンズ出身のマリオ・サンティアゴが4強戦に先発登板した。マリオは4イニング1/3を無失点に抑え、チームのリードを引っ張った。四球なしの安打2つだけを出し、大会2回優勝に輝いた日本を相手に印象的な試合内容を見せた。しかし試合中、体調に異常を訴え、5回を終えずに降板したのは惜しかった。

  一方、マリオは2012年SKワインバーンズで1年間プレーした。18試合に登板し95イニング1/3を投げて6勝3敗、平均自責点3.40を記録している。マリオは韓国シリーズでも先発登板するなどすばらしい活躍を見せたがSKとの再契約に失敗し、現在は柳賢振(リュ・ヒョンジン)所属するLAドジャース傘下のマイナーリーグに属している。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事