【時論】もう来たくない国、韓国(1)

【時論】もう来たくない国、韓国(1)

2011年10月10日10時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  私たちの先祖は遠方から客が来れば、まずは庭から清掃した。庭に水をまいて家を整理した後、客を迎えた。それが私たちの客を迎える風習だ。ところが中国人観光客を迎える国内業界の対応を見ると、「韓国が好きで遠方から訪ねてきた客を追い出しているのでは…」という気がするほどだ。

  1日から1週間ほど続いた中国の国慶節(建国記念日)を迎え、約7万人の中国人観光客が韓国を訪れたという。しかし帰途に就いた中国人観光客の反応は相変わらず「韓国は二度と来たくない国」だ。ある旅行会社がアンケート調査を行った結果、中国人観光客は宿泊施設不足から交通・ショッピング・食堂・案内体系など全般的に不満を表した。中国人観光客の認識はまだ「韓国は宿泊施設が不足し、特に見るものがない国」だ。

  根本的な対策として、まずは観光政策の推進体系を再整備する必要がある。当局は中国観光市場の重要性を認識しているが、中国市場の特殊性を考慮した政策推進は十分でない。観光部門の予算を組む過程で中国市場に対する比重を拡大する必要がある。これを通して中国人観光客の便宜性を向上させるサービスを提供しなければならない。政策支援が要求される領域を把握し、これを実行するための行政支援システムを構築するべきだ。

  民間との協力体系構築も欠かせない。市場の変化を引き出し、変化に早く対処しなければならない。中国人観光客の韓国観光類型は団体観光中心から個別観光に変わっている。昨年韓国を訪問した観光客のうち団体観光客の比率は約30%にとどまった。今後さらに減る見込みだ。観光経験が蓄積されるほど自由個別旅行に対する欲求が高まるからだ。これは日本人観光客を通して早くから経験している。

  

【時論】もう来たくない国、韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事