韓経:「韓日の仲が悪く非常に難しい立場に」…トランプ大統領、両国に「口頭で警告」?

韓経:「韓日の仲が悪く非常に難しい立場に」…トランプ大統領、両国に「口頭で警告」?

2019年08月12日09時02分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ドナルド・トランプ米大統領が最近深まる韓日の対立について「韓国と日本は仲良くする必要がある」と述べた。トランプ大統領は9日、ホワイトハウスで記者たちと会って「韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」に関する質問を受け、「それは我々を非常に難しい立場に立たせている」と述べた。

  トランプ大統領は「韓国と日本はいつもケンカしている」と懸念を示しつつ「私は韓国と日本が仲良くし合うことを願う。両国は同盟国でなければならない」と強調した。両国間に形成された緊張関係が懸念されるかという質問に対しトランプ大統領は「そうだ。私は、両国がうまくいっていないことが心配だ」とし「両国は仲良くし合わなければならない。それは非常に重要だ。」と述べた。

  トランプ大統領は改めて「韓国と日本は向き合って仲良くし合うべきだ。そうでなければ、我々は何をしているのだろうか」と米国の主要同盟国である両国の和解と紛争解決への努力を求めた。

  韓国政府は、日本の経済報復への対応措置として両国間の唯一の軍事分野の協定であるGSOMIAを再延長するか慎重に検討している。協定の延長期限は24日だ。

  これに関し、8〜9日に訪韓したマーク・エスパー米国防長官は韓米国防長官会談で「GSOMIAは韓日米の安保協力にかなり貢献している」と述べたと伝えられた。これは、これまで韓日間の問題への干渉と取られることを憂慮し、具体的な言及を自制してきた米国がGSOMIAの維持を希望するという立場をより明確に示したものと解釈される。

  トランプ大統領は先月19日、韓日の葛藤に関し文在寅(ムン・ジェイン)大統領から関与の要請があったとし、「韓日双方からの要求があれば役割を果たす」という意思を明らかにした。当時、トランプ大統領は「おそらく(韓日首脳)双方が望めば私は(関与)する」とし、「彼らは私を必要とすれば、私はそこにいるだろう」と述べた。その一方で「彼らが解決できるように願う」と述べた。

  マーク・ナッパー米国務省韓日担当東アジア太平洋副次官補も今月7日、北東アジアの安定に重大な韓日米3カ国同盟が揺らぎかねないと憂慮しつつ「米国はこの問題に引き続き関与し、我々の2つの同盟国間の対話を促進する準備ができている」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事