<平昌五輪>韓国の車俊煥、フィギュア団体SPで6位…日本の宇野1位

<平昌五輪>韓国の車俊煥、フィギュア団体SPで6位…日本の宇野1位

2018年02月09日13時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
車俊煥
  韓国の車俊煥(チャ・ジュンファン)が2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)フィギュアスケート団体男子ショートプログラム(SP)で自己最高点をマークした。

  チャ・ジュンファンは9日、平昌五輪フィギュア団体男子SPで「クリーンな演技」を見せて77.70点(技術点40.71点、芸術点36.99点)をマーク、10人の出場選手のうち6位に入った。これは昨年11月の2017-18国際スケート競技連盟(ISU)グランプリ第2戦で出した68.46点を上回る自己最高点。

  日本の宇野昌磨(世界ランキング2位)が103.25点をマークし、出場選手10人のうち唯一の100点超えでトップに立った。イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ(世界ランキング8位)が88.49点で2位、カナダのパトリック・チャン(世界ランキング9位)は2回の転倒にもかかわらず81.66点で3位に入った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事