温暖化で短くなる冬…ソウル20年間で8.1日も

温暖化で短くなる冬…ソウル20年間で8.1日も

2013年03月18日13時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  地球温暖化現象により、韓半島の冬がますます短く、夏はますます長くなっている。

  韓国気象庁は17日、ソウルなど全国10カ所の地域の1981~2010年の年度別の季節持続期間を分析した結果、80年代以降、地域別で冬が最高14日短くなったことが明らかになったと伝えた。

  光州(クァンジュ)地域の場合、80年代には冬が平均(10年分)90.9日だったが、90年代には平均83.4日で、2000年代には平均76.9日と20年の間に14日も減った。ソウルも80年代には冬が平均107.4日だったが90年代には101.1日、2000年代には99.3日で20年間に8.1日が減り、済州(チェジュ)は80年代に37.7日だったが2000年代には27.1日に減った。

  気象庁は1日の最低気温が氷点下で1日の平均気温が5度以下になった日から冬とみなし、1日の最低気温が0度以上、1日の平均気温が5度以上になり春が始まる時までを冬の長さとして計算した。

  その反面、夏はますます長くなってソウル地域の場合、80年代平均111日で2000年代118.8日で7.8日増えた。 清州(チョンジュ)地域も109.6日から119.9日に10.3日長くなった。 大邱(テグ)の場合は116.1日から124.4日に、済州は113.9日から118.8日に増えた。 夏は1日平均気温が20度以上、1日最高気温が25度以上に上がり始める時から計算している。

  気象庁のジャン・ヒョンシク通報官は「最近、寒い冬が迫ってきて冬が長くなったりもしたが、それは一時的な現象にすぎず、長期的には地球温暖化で冬がずっと短くなっている」と話した。彼は「温暖化が続けば21世紀末には釜山(プサン)・江陵(カンヌン)・木浦(モクポ)などの地では冬が消えるという予測も出ている」と付け加えた。 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事