「従軍慰安婦は国家組織の性奴隷」日本の市民団体がガイドブック出版

「従軍慰安婦は国家組織の性奴隷」日本の市民団体がガイドブック出版

2008年05月01日07時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の市民団体が一般の人々向けに日本軍「慰安婦」の実態を分かりやすく紹介したガイドブックを出版する。

  2005年、市民らによって東京に自発的に設立された「女たちの戦争と平和資料館」(wam)はこれまで集めた資料をもとに全64ページの『日本軍慰安婦』を5月3日に出版する。この本は日本軍「慰安婦」に関する歴史的背景や日本政府制度として確立した経緯などが、誰にでもわかりやすいように書かれている。

  wamの渡辺美奈事務局長は「‘慰安婦’の存在を知らない若い世代に歴史的な事実を伝えたかった。そのため、今まで明らかになった資料を本にまとめ、出版することにした」と説明した。出版に掛かる費用は約1000人の会員による会費と資料館の入場料で充てられた。

  この本は日本軍「慰安婦」制度について「国家による組織的な性奴隷制度であった」と定義している。また慰安婦を強制収容した慰安所を‘性的暴行センター’であると規定した。また、日帝が軍「慰安婦」を、日帝時代の日本軍の制度として作った理由として、4つの理由を提示した。戦線の拡大により日本軍による現地女性への性暴行が頻発し、性病が蔓延した。それにともないアジアはもちろんロシアやグアム地域まで直接、慰安所を設置した。軍の機密維持と将兵らの士気を上げるために組織的に管理する必要があったからだ。

  慰安所は▽軍が直接的に管理し、運営する軍人・軍属専用▽民間に運営を任せ、日本軍が管理・統制する形態▽軍指定の民間慰安所--などさまざまな形態があった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事