大邱陸上400mリレーの韓国新、ドーピングで取り消しか

大邱陸上400mリレーの韓国新、ドーピングで取り消しか

2011年10月10日09時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  陸上男子400メートルリレー代表のイム・ヒナム(27、光州広域市庁)が先月開催された大邱(テグ)世界陸上選手権大会の薬物検査で陽性反応を示したことが明らかになった。これに伴い、イム・ヒナムが参加した男子400メートルリレーの韓国新記録(38秒94)が取り消される可能性が高まった。

  国際陸上競技連盟(IAAF)は最近、イム・ヒナムがドーピングテストで陽性反応を示したと通知した。IAAFが先月4日に行われた世界選手権男子400メートルリレー予選が終わった後、ドーピングテストを行った結果、韓国の第4走イム・ヒナムの尿から禁止薬物成分が検出されたのだ。

  イム・ヒナムが服用した薬物は運動持続能力を助けるクレアチンで、それ自体は禁止薬物でない。しかし服用を繰り返せばクレアチンマルチという興奮剤成分に変わるという。興奮剤は競技力に直接的な影響を及ぼすため、IAAFと世界反ドーピング機構(WADA)は使用を厳格に禁止している。

  イム・ヒナムはすぐIAAFに非正常的な分析結果が出た経緯と根拠資料を提出する予定だ。しかし連盟のある関係者は「尿のA試料(IAAF提出)と同じ日に採取したB試料(連盟保管)でも似た結果が出てくるだろう」とし、IAAFの決定が変わる可能性は極めて低いと予想した。

  禁止薬物陽性反応に対する確定判定は来月中に出ると予想される。資格停止などの制裁が確定する場合、摘発時点の9月4日以降にイム・ヒナムが各種大会で出した記録は消える。これには大邱世界陸上男子400メートルリレーの韓国新記録も含まれる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事