<サッカー>韓国栄、柏などJリーグからラブコール殺到

<サッカー>韓国栄、柏などJリーグからラブコール殺到

2013年11月19日14時53分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国栄(ハン・グギョン、23、湘南ベルマーレ)
  “金南一(キム・ナムイル)の後継者”韓国栄(ハン・グギョン、23、湘南ベルマーレ)が日本Jリーグのチームからラブコールを受けている。

  日本のスポーツニッポンは20日、「柏レイソルがこの冬、韓国栄の獲得を目指している」と報じた。柏は今季を最後にFWクレオとMFジョルジ・ワグネルがチームを去ることが有力視され、新しい選手を探しているという。Jリーグに詳しいある関係者は「柏のほかにもサンフレッチェ広島、FC東京などが韓国栄の獲得に大きな関心を見せている」と伝えた。

  韓国栄は最近、左臀部の筋肉を痛め、スイス、ロシアとのAマッチ2連戦の韓国代表メンバーから抜けた。しかし韓国栄は先月、ブラジル、マリとのAマッチ2連戦で奇誠庸(キ・ソンヨン、サンダーランド)とダブルボランチとして活躍し、株価が大きく上がった。

  すでに韓国栄はJリーグ球団の間でブルーチップとして注目されてきた。Kリーグクラシックの市民球団、大田シチズン水準の劣悪な財政状態の湘南ベルマーレは、18チーム中16位(6勝18敗7分け)で2部リーグ降格が確定的だ。

  2010年にJリーグの湘南ベルマーレに入団した韓国栄は昨年、エースとして1部リーグ昇格に貢献し、今年は毎試合12キロを走りながら孤軍奮闘した。火消し役のような守備力にチームメートのステボが驚くほどだった。

  Jリーグ3位のサンフレッチェ広島、7位のFC東京、11位の柏レイソルなどは、今年を最後に湘南ベルマーレとの契約が終了し移籍料が発生しない韓国栄の獲得を打診中だ。Kリーグはドラフト規定上、2015年から入ることができる。

  欧州進出の可能性も開いている。昨年11月、ドイツ・ブンデスリーガのアウクスブルク、オーストリアのザルツブルクが韓国栄に関心を見せた。ザルツブルクは首席スカウトを日本まで派遣し、韓国栄のプレーをチェックした。

  一方、韓国栄はロンドンオリンピック(五輪)の最終エントリーに入ったが、負傷のために外れた苦い思い出がある。しかし挫折することなく静かに実力を高めてきた。

  韓国栄は朴智星(パク・チソン、アイントホーフェン)、金甫ギョン(キム・ボギョン、カーディフシティ)のようにグラウンドの外でもサッカーしか分からない。日本のクラブは、選手がチーム練習以外に個人練習をすることを好まないが、韓国栄は練習場から30分ほど離れた公演で毎日こっそりと個人練習をしていた。

  2002年韓日ワールドカップ(W杯)の金南一、2006年ドイツW杯の李浩(イ・ホ)、2010年南アフリカW杯の金正友(キム・ジョンウ)に続き、守備型MFの後継者として注目されている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事