<サッカー>アジアクオータ制・円高…Jリーグの誘惑に揺れるKリーグ

<サッカー>アジアクオータ制・円高…Jリーグの誘惑に揺れるKリーグ

2008年12月09日18時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   韓国プロサッカーの大物選手が、ほぼ2倍に値上がりした日本円をつかむため、日本Jリーグの門をたたいている。 Kリーグ球団はこれを防ぐ対策を見いだせず、ドタバタしている。

  かつて朴智星(パク・チソン)が所属していた京都サンガは李相湖(イ・サンホ、蔚山)に注目している。 アジアチャンピオンのガンバ大阪はDF朴東赫(パク・ドンヒョク、蔚山)と昨年まで清水エスパルスでプレーした曺宰榛(チョ・ジェジン、全北)のダブル獲得を狙っている。

  金南一(キム・ナムイル)がプレーするヴィッセル神戸は趙源煕(チョ・ウォンヒ、水原)の獲得に向けて水原に正式公文を送った。 このほか、李正秀(イ・ジョンス)、辛泳録(シン・ヨンロク、以上水原)、黄載元(ファン・ジェウォン)、趙城煥(チョ・ソンファン、以上浦項)、李東国(イ・ドングク、城南)などKリーグの主軸選手が挙がっている。

  Jリーグが韓国選手の獲得に乗り出したのには2つの理由がある。 まず来年から実施されるアジアクオータ制(3+1規定=アジアサッカー連盟傘下国の選手1人を外国人選手定員に関係なく追加で保有できる)ためだ。

  Jリーグはアジア国家のうち実際に戦力になる韓国選手を第一の招待対象と見なし、夏から各チームの強化部長が韓国を訪問しながら選手をチェックしてきた。

  各球団が検討した選手は80人にのぼるという。 特に今年を最後に自由契約(FA)資格を取得し、移籍料なくチームを移れる選手を集中攻略している。

  円高の影響もあり、Jリーグ球団は年俸や各種手当などでKリーグ球団よりも有利な条件を整えている。 Kリーグ球団のある関係者は「世界的な金融危機で日本も韓国選手の獲得計画を当初より大幅に縮小したと聞いたが、それでも7-8人は日本に行きそうだ」と話した。 別の球団関係者は「数年後にはKリーグがアジア2流に落ちるかもしれない」と憂慮を表した。

  Jリーグはアジア最高選手が集まるリーグというイメージを植えつけるなど、日本サッカーの影響力をアジア全域に拡大させるために数年前から準備してきた。 一方、韓国プロサッカー連盟はこれといった対応策や未来ビジョンを出せずにいる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事