在日同胞女優「チョ・ジェヒョンがトイレで性暴行」…チョさん側「合意下で関係」

在日同胞女優「チョ・ジェヒョンがトイレで性暴行」…チョさん側「合意下で関係」

2018年06月21日08時28分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優のチョ・ジェヒョンさん
  俳優チョ・ジェヒョンさんをめぐる#MeToo(ハッシュタグミートゥー)暴露は現在進行形だ。

  チョ・ジェヒョンさんから16年前にトイレで性暴行を受けたと主張する在日同胞女優Aさんが登場した。Aさんは最近あるメディアとのインタビューで「チョ・ジェヒョンから性暴行を受け、今も深刻なトラウマに苦しめられている」と語った。

  Aさんは「2002年5月ごろだったと思う。写真を撮ろうと言って近づいてきた。写真を撮ってそんなことが起きるとは思わなかった。当時工事中だった男子トイレがあったが、その中で私をレイプした」と主張した。その後、Aさんの母親は娘がチョ・ジェヒョンさんから深刻なことに受けたという話を伝え聞いてチョ・ジェヒョンさんの元を訪ねたが、Aさんが女優生活を諦めるのは残念ではないかという言葉で説得したという。Aさんの母親は当時Aさんが受けた被害について正確には知らなかった。

  Aさんは「激しいうつ病に苦しめられ、極端な選択をして病院で治療を受けただけでも数十回」としながら「このようになっても真実を知らせたい。もう結婚もできず薬も飲み過ぎで子供を産むことができない。心から謝ってほしいと思う」と強調した。

  チョ・ジェヒョンさん側法律代理人は20日、韓国ニッカンスポーツの取材に「性暴行ではなく合意した性関係だった」としながらAさんが3億ウォン(約2990万円)相当の金銭的要求をしてきたと声を高めた。恐喝未遂容疑で告訴するという立場だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事