三星を訴えるアップル、不足する特許をデザインでカバー?(3)

三星を訴えるアップル、不足する特許をデザインでカバー?(3)

2011年07月04日18時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ◇3大陸6カ国で三星と乱打戦

  三星はデザイン分野で防御する立場だが、特許に関しては話が違う。 最先端イメージとは違い、アップルは特許部門でそれほど強力な会社ではない。 三星は昨年、米国で4551件の特許を登録し、IBMに次いで2位になった。 アップルは563件で46位だ。 三星は世界で10万余件にのぼる特許網を構築している。 通信分野で三星とノキア、モトローラなどは数十年間にわたって特許を築き、「オールドボーイ」と呼ばれる。 さまざまな技術が絡むため「オールドボーイ」の間では訴訟を起こさない。 アイフォーンが開発されてから4年しか経っていない‘新参’アップルが特許攻勢を避けるのは容易でない。 三星が北米(米国)・アジア(韓国・日本)・欧州(ドイツ・英国・イタリア)3大陸・6カ国で訴訟に自信を見せる理由だ。

  アップルは三星のほかにもノキア・HTC・モトローラなどと特許紛争を繰り広げているが、大きな成果はない。 実際、ノキアは最近、アップルと特許ライセンス協定を締結し、すべての特許紛争を終えた。 アップルはノキアにロイヤルティーを支払う予定だ。 正確な規模は明らかでないが、ドイツバンクのアナリストは「一括で6億ドル、四半期別に1億4000万ドルを追加で支払う条件」と推定した。

  アップルが法廷攻防の茨の道を歩む理由は何か。 専門家は不足する特許技術をデザインで相殺するための戦略と見ている。 UCアーバインのバーク教授(法学)は「アップルの訴訟戦争は過去から繰り返されているデジャブのようだ」とし「相対的に少ない特許ポートフォリオがアップルを訴訟に向かわせている」と説明した。 訴訟を通してトレードドレスに技術特許と同等の価値が認められる場合、アップルとしてはベストだ。 しかし望みの結果を得られないしても損はない。 特許訴訟には通常3-4年かかる。 アップルは訴訟で時間を稼ぎながら、600億ドルにのぼる保有資金で三星に対抗できる特許盾を作ろうとしている。 実際、アップルは1日、RIM・エリクソンなどとコンソーシアムを形成し、破産したカナダ通信装備会社ノーテル社の特許6000件を45億ドルで引き受けた。

三星を訴えるアップル、不足する特許をデザインでカバー?(2)

三星を訴えるアップル、不足する特許をデザインでカバー?(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事