サッカー欧州リーグ決勝戦でまた「旭日旗」

サッカー欧州リーグ決勝戦でまた「旭日旗」

2018年05月17日11時08分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本軍国主義の象徴「旭日旗」
  スペインのプロサッカーチーム、アトレチコ・マドリードが優勝した欧州リーグの決勝戦でまた旭日旗が登場し、韓国人ファンの眉をひそめさせた。

  アトレチコ・マドリードは17日午前3時45分(日本時間)、リヨンでオリンピック・マルセイユと2017/18UEFA欧州リーグの決勝戦を行い、3-0で勝って通算3度目の優勝を果たした。エースのグリーズマンが2得点し、圧倒的に優勢な試合を見せた。

  しかし試合中、応援席の旭日旗が何度も画面に映った。準決勝の第2戦でも観客席に旭日旗が登場して論議を呼んだが、決勝でも同じことが発生したのだ。

  一方、韓国広報専門家の徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授は欧州リーグ準決勝の後、アトレチコ・マドリードのファンクラブに「戦犯旗応援」に対して抗議メールを送った。徐教授は「世界サッカーファンが生放送で中継される欧州リーグで旭日旗を広げて応援をするのは黙過できない問題だと考え、抗議の書簡を送った」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事