【コラム】記者が「キレギ」と呼ばれないようにするためには=韓国

【コラム】記者が「キレギ」と呼ばれないようにするためには=韓国

2018年01月12日14時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
【コラム】記者が「キレギ」と呼ばれないようにするためには=韓国
  10日午後、ポータル検索語上位圏には「パク・ジョンヨプ」という名前が登場した。彼はこの日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の新年記者会見で質問した記者だ。「大統領支持者に伝えたい言葉があるのかどうか知りたい。それでこそ心を楽にして記事を書くことができる」と話した。言葉こそ質問のようだか、内心では「大統領、ちょっと止めてください」という懇請のように聞こえた。だが、文大統領はすげなくはっきりと答えた。「国民の意思表示として受け入れ、淡々と考えて鋭敏になる必要はない」。

  過去の大統領新年記者会見にはシナリオがあった。誰が質問して、何を尋ねるのか、記者団が大まかに枠を決めておけば、これに準じて青瓦台(チョンワデ、大統領府)も返事を準備していた。むしろ青瓦台が「こういうことを聞いてほしい」と要請する場合も少なくなかった。一方、今回は事前作業を最小限にとどめ、即興性を高めた。開放を重視する時代精神であり、国政懸案に対する最高統治権者の努力を知りたがっている国民的要求が反映された結果と言える。だが、ボロを出したのは大統領でなく韓国マスコミの方だった。

  ある記者は「昨日、慰安婦合意に対する発表があったが、満足するほどの結果は得られたのか。THAAD(高高度ミサイル防衛)や原発など手続き的な正当性を先に主張しているが、それに比べて大統領選挙の時の公約は結局実現されていない」と、分かるような分からないような曖昧な問いを投じた。「質問は一つだけ選んでほしい」という大統領の反応は、実際のところ「あなたの言うことはよく分かからない」という内心の婉曲表現のように見えた。また別の記者は「地方消滅という単語を聞いたことはありますか」と言って長々と演説をぶった。卑俗語を続けざまに使う記者もいた。序論は長く、肝心の質問はとんちんかんなことを尋ねる、論理の飛躍も数多く見られた。簡潔明瞭な外信記者の質問とははっきりと比較された。インターネットには「ノジョルリズム(韓国語で「くだらない」を意味する」ノジョルとジャーナリズムをかけた言葉で、本来の役割を果たせていないマスコミを批判する言葉)の本性が顕になった」という皮肉であふれた。

  今は1人メディアの世の中だ。SNSには専門家であふれている。そんな中でも記者の競争力といえば取材現場があるという点と質問できる権利だ。アインシュタインは「1時間のうち55分を正しい質問を探すために使う。答えを見つけるためには5分もかからない」と言った。真の特ダネは、取材源の記事受けする返事ではなく、記者の優れた質問から出る。相手に鋭く切り込んでいくどころか、意味不明の質問を投じるなら「キレギ」をいう批判を聞く羽目になる〔キレギとは、水準の低い質問をする記者を指す言葉で、記者(キジャ)とゴミ(スレギ)を合成した言葉〕。非難されることを恐れる時ではない。マスコミの存亡が関わっているからこそする反省であり苦言だ。

  チェ・ミヌ/政治部次長
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事