<アジア大会>韓国と準決勝でぶつかる朴監督「祖国は大韓民国だが、ベトナム監督として…」

<アジア大会>韓国と準決勝でぶつかる朴監督「祖国は大韓民国だが、ベトナム監督として…」

2018年08月28日08時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴恒緒(パク・ハンソ)監督
  「朴恒緒(パク・ハンソ)マジック」がまた威力を発揮した。ベトナム代表を史上初のアジア競技大会ベスト4に導いた朴恒緒(パク・ハンソ)監督(58)は韓国戦に自信を持って望むと約束した。

  ベトナムは27日、2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会サッカー準々決勝で延長戦の末1-0でシリアを降した。ベトナムはこの日、後半3分に決まったウングエン・バン・トアンの決勝ゴールで勝利をつかんだ。ゴールが決まると朴恒緒監督はベンチから跳び出して両手を上げ、拳を振り回しながら喜んだ。1月に中国で開催されたアジアサッカー連盟(AFC)U-23(23歳以下)選手権で準優勝に導いた後、アジア競技大会でまたも快挙を成し遂げた。

  朴恒緒監督は試合後、「今日また我々が一歩前進するのに成功した。ベトナムの精神で武装した選手たちを誇りに思う。ここで監督をしているというのが光栄だ」と語った。

  次の対戦相手は韓国だ。ベトナムと韓国は29日に準々決勝を行う。

  朴監督は「私は泣かない」とし「私の祖国は大韓民国。祖国を愛している。しかし私は今、ベトナム代表の監督だ。私はベトナムの監督として責任と義務を次の試合で見せる」と誓った。

  朴監督は「韓国は我々より数時間早く試合をしたにすぎない。両リームとも延長戦までした。とにかく今の状態では精神的、肉体的にどちらが早く回復するかが重要となる。そこに焦点を合わせる」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事