<平昌パラ>韓国初メダル場面、どの放送局も中継していなかった

<平昌パラ>韓国初メダル場面、どの放送局も中継していなかった

2018年03月12日14時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
平昌パラリンピックで韓国初メダルを獲得したシン・ウィヒョン選手(手前)がペ・ドンヒョン選手団長と喜びの記念撮影で笑顔を見せている。
  日曜日の朝だった今月11日午前11時5分。平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックに出場した韓国に初めてのメダルがもたらされた。

  ノルディックスキー看板選手のシン・ウィヒョン(38)が江原道(カンウォンド)平昌アルペンシアバイアスロンセンターで行われた障がい者クロスカントリースキー男子15キロメートル座位種目で42分28秒9を記録して銅メダルを首にかけた。しかしシン・ウィヒョンの銅メダル獲得の瞬間はテレビでは見られなかった。パラリンピック主管放送局の公営放送KBS(韓国放送公社)はもちろん、地上波SBS(ソウル放送)やMBC(文化放送)でも中継していなかったためだ。この時間、各放送局は芸能番組を放映していた。この日午前に行われたアルペンスキー視覚障がいスーパー大回転に出場したヤン・ジェリムは「今日の競技がテレビに中継されなかったが、気分が悪くなかったといえば嘘になる」と言った。

  平昌パラリンピックは9日の開会式がKBSやSBS・MBCなど地上波3局を通じて生中継された後、テレビで視聴するのは難しい。10日、シン・ウィヒョンが出場したバイアスロン(SBS)とアイスホッケー韓日戦(KBS)がすべてだった。休日の11日には生中継された競技が一つもなかった。その代わりに平日に放送されたドラマと芸能番組の再放送が放送された。

  青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民請願掲示板には、ここ2週間ほど、「地上波放送3局を通じてパラリンピックの中継をしてほしい」とする請願文が20件以上も書き込まれた。ネットユーザーは「平昌オリンピック(五輪)は地上波放送3局すべてで中継が行われたがパラリンピックはテレビで見ることができない。それ自体が障がい者に対する差別」と主張した。11日現在、数百人がこれら請願に参加している状態だ。

  平昌パラリンピックが開かれる10日間、生中継編成はKBSが約25時間、SBSが約22時間、MBCが約10時間程度だ。メダルが有力な一部の競技だけが生中継され、そのほとんどは日中の競技であっても深夜12時を過ぎた深夜に、録画またはハイライトでだけで視聴することができる。その上、主管放送局のKBSは開幕後の全体中継25時間を34時間に拡大編成することにした。会社員のチョン・ヨンジンさん(31)は「オリンピックを楽しく見て、パラリンピックに対する期待も大きかった。ところがテレビをつけてもパラリンピックを見ることができず残念だ」とコメントした。

  日本NHKは平昌パラリンピック競技および関連コンテンツ中継のために計62時間を編成している。2014年ソチパラリンピック時は約32時間だったが、その倍に近い編成だ。フランスFTは100時間にわたって中継をする。米国NBCは94時間、中国CCTVは40時間を編成している。NHKは「平昌パラリンピックをほぼ毎日生中継する。冬季パラリンピック中継史上初」と伝えた。10日に行われたアイスホッケー韓日戦でも、日本メディアの関心が熱かった。日本メディア「カンパラプレス」のある記者は「2020年東京夏季パラリンピックが開かれるので日本から多くの記者が取材しに来た」と伝えた。

  檀国(タングク)大学スポーツ経営学科のチョン・ヨンベ教授は「地上波3局が中継したパラリンピックの開会式視聴率は18.3%あった。オリンピック(44.6%)と比べると低いものの、それでも意味のある数字だ。モバイルやオンラインでもパラリンピックの視聴に対する需要が高い」とし「パラリンピックは競技内容や結果よりも『ストーリー』に意味がある。人々にインスピレーションを与えるということだけでも中継する価値は充分ある。平昌パラリンピック開催国として中継をもっと増やす必要性がある」と強調した。

  パラリンピック中継は障がい者に新しいビジョンを与える。平昌パラリンピックに参加した韓国選手のうち、相当数はテレビ中継を見て運動を始めた。特殊体育を専攻したチョン・ヘジャ大韓障がい人体育会事務総長は「障がい人体育は結果が重要なのではない。パラリンピック中継だけでも障がい者の社会化とリハビリに多いに役に立つ。パラリンピック競技を見ながら障がい者は私にもできるという自信を持つことができる」とした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事