フィリバスターに阻まれたテロ防止法=韓国

フィリバスターに阻まれたテロ防止法=韓国

2016年02月24日16時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
国会が23日午後からテロ防止法案に対する無制限討論に突入した。鄭義和議長(写真上)はこの日、本会議で「国会法により無制限討論を実施する」と明らかにした。「一緒に民主党」の一人目の討論者である金光珍議員が発言している。
  43年ぶりに国会本会議場にフィリバスター(議事進行妨害)が登場した。

  鄭義和(チョン・ウィファ)国会議長が23日、「対テロ防止法案」を職権上程すると、野党「共に民主党」はフィリバスターに出て法案処理を阻んだ。

  国会事務局関係者は「金大中(キム・デジュン)元大統領が1964年4月20日、金俊淵(キム・ジュンヨン)議員の逮捕同意案通過を阻むために5時間19分発言したのが最長時間」としながら「73年から発言時間に制限を設けて2012年国会先進化法に『無制限討論』が規定されてフィリバスターが復活した」と話した。

  鄭議長はこの日、対テロ防止法案に対する審査期日を午後1時30分に指定(職権上程)すると、「共に民主党」在籍議員3分の1以上の署名(国会法106条)でフィリバスターを要求し、鄭議長はこれを受け入れた。

  この日午後6時50分に本会議が開かれると、鄭議長は「イスラム国(IS)と北朝鮮の挑発で国民の安全と危機と公共安全秩序が深刻な危険に直面している国家非常事態」と職権上程の理由を明らかにした。

  だが、金光珍(キム・グァンジン)議員は午後7時6分に発言を始めて「今が通常の方法で公共の安寧と立法活動が不可能な国家非常事態だと見ることができるか」と言いながら長時間の発言を継続した。

  セヌリ党議員100人余りは金議員がフィリバスターを行っている間、本会議場の前のロタンダホールで記者会見を行い、「一方的な議事進行妨害のためのフィリバスターを中断せよ」と要求した。

  先進化法上、フィリバスターを中断させるには表決により在籍議員5分の3以上(176人)が賛成しなければならない。セヌリ党の議席はこの数には及ばないため、「共に民主党」が自ら行為を中断するまで待たなければならない。

  だが、「共に民主党」李春錫(イ・チュンソク)院内首席副代表は「無期限フィリバスターを行う」としながら「3日かかるか5日かかるかまだ分からない」とした。

  これに先立ち、鄭議長とセヌリ党の金武星(キム・ムソン)代表、「共に民主党」金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員会代表は20代国会選挙区画定基準に合意した。

  与野党代表が署名した選挙区画定基準により20代国会議席は地方区253議席、比例代表47議席で確定した。19代と比較して地方区が7議席増えた半面、その分比例代表は減った。

  中央選挙管理委員会所属の選挙区画定委員会は、25日までに画定案をまとめて国会に提出する計画だ。与野党は画定案を盛り込んだ選挙法改正案を26日の本会議で処理することで合意した。

  ◆フィリバスター(filibuster)=多数党の独走を防ぐための少数党による合法的議事進行妨害行為。無制限討論方式で発言を続けて案件の表決を阻む。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 国会が23日午後からテロ防止法案に対する無制限討論に突入した。鄭義和議長(写真上)はこの日、本会議で「国会法により無制限討論を実施する」と明らかにした。「一緒に民主党」の一人目の討論者である金光珍議員が発言している。
  • 本会議が始まるとセヌリ党の金武星代表(右写真前列左側)と与党議員が対策を協議している。