韓国ロボット「ガゼット」、日本ロボットに勝利

韓国ロボット「ガゼット」、日本ロボットに勝利

2006年05月07日18時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国技術教育大のチョン・ビョンシックさん(27、メカトロニクス工学部4年)ら5人が作った二足歩行ロボット「ガゼット」が6日、京畿道富川(キョンギド・プチョン)ロボパークで開かれた「ロボワングランプリ2006」で、日本ロボットに相次いでKO勝ちし、優勝した。

  今大会には「マジンガー」「ダイナマイザー」など日本最強ロボットが参加するうえ、今年3月に慶尚南道馬山(キョンサンナムド・マサン)で開かれた「KT杯国際ロボワン大会」で優勝した韓国の「ロボット太拳V」が抜けたため、韓国チームの苦戦が予想されていた。

  韓国4チーム、日本4チームが参加した今回の大会で、「ガゼット」は予想を覆して8強戦から決勝までをすべてKO勝ちで飾った。 「ガゼット」の‘スプリングロケットパンチ’に日本のロボットは沈んだ。 ‘スプリングロケットパンチ’はスプリングに取り付けられた拳が50センチほど飛んだ後、また戻ってくるという新武器。 相手ロボットはこれを受けて3度ダウンし、KO負けした。 ガゼットがロボット格闘技に登場したのは今回が初めて。

   ◇ロボワン大会とは=二足歩行ロボットをリモコンでコントロールしながら激闘するゲーム。 ロボットが立ち上がれなかったり3度ダウンすればKO負けとなる。 判定勝ちもある。 ロボットの身長は120センチ以下で、重量制限はない。 大会は日本で02年に始まった。韓国は03年から毎年10余の国内・国際大会を開いている。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事