<Mr.ミリタリー>45年ぶりに航空戦力を取り戻した韓国海兵隊…彼らの切迫感(1)

<Mr.ミリタリー>45年ぶりに航空戦力を取り戻した韓国海兵隊…彼らの切迫感(1)

2018年01月12日14時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国海軍の「独島(ドクト)」
  韓国海兵隊がついに機動ヘリコプターを保有することになった。10日、浦項(ポハン)海兵第1師団で、国産のスリオンヘリコプターを上陸機動用に改造したマリンオン(Marineon)2機が引き渡された。チョン・ジング海兵隊司令官は「翼を失った海兵隊がまた翼をつけることになった」と語った。しかし海兵隊の前途は依然として険しい。海兵隊の兵力は世界で2番目だが、保有する装備はみすぼらしい。海兵隊が厳しい環境の中で変化を図っている。

  第2次世界大戦のノルマンディー上陸作戦を描いた映画『プライベート・ライアン』(1998、スチーブン・スピルバーグ監督)を見ると、海兵はノルマンディーのオマハ・ビーチに到着する前からドイツ軍の銃と砲弾で犠牲になる。ドイツ軍のバンカーから飛んでくる機関銃に20歳過ぎの海兵たちが倒れていく。太平洋戦争での硫黄島上陸作戦を映画にした『父親たちの星条旗』(2006、クリント・イーストウッド監督)でも上陸を試みる海兵隊将兵の被害は言葉を失うほどだ。1945年2月16日から3月26日にかけて繰り広げられた硫黄島戦闘で、米軍は戦死者が6821人、負傷者が1万9189人にのぼった。太平洋戦争当時はまだ米海兵は現在のような上陸機動ヘリコプターがなく、海岸に人海戦術式で上陸したため、大きな犠牲を覚悟しなければならなかった。「戦闘に敗れれば死ぬ」という海兵隊精神はこのような悲劇の産物だ。上陸した以上、退くところがないからだ。

  米国は戦争が終わった後、上陸作戦の犠牲を減らすために海兵隊を先端武器と機動装備で武装した。米海兵隊にF/A-18E/Fスーパーホーネット戦闘機を配備し、今は垂直離着陸ステルス機のF-35Bに変えている。こうした戦闘機と攻撃ヘリコプターで上陸直前にバンカーに隠れている敵を迅速に除去する。その後、安全が確保されたと判断されれば上陸する。オスプレイ(MV-22)ヘリコプターなどで空中を通じて揚陸艦から作戦目標地域に直ちに飛んでいく。続いて高速空気浮揚艇と突撃装甲車で浜辺を占領する。米海兵隊は海上上陸より空中上陸の比率を2倍に決めている。このような作戦を遂行できる米海兵隊の代表的な艦艇が強襲揚陸艦「ワスプ」(WASP、4万1150トン)だ。

  「ワスプ」は平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)を控えて南北会談以降、北朝鮮の挑発に備えるために空母「カール・ビンソン」と共に韓半島(朝鮮半島)に来ている。今月初めにハワイを出発した「ワスプ」はF-35B戦闘機を運営する。この揚陸艦から直ちにステルス戦闘機を飛ばし、敵の海岸を攻略できる。韓国海軍の「独島(ドクト)」より50メートルも長い「ワスプ」(全長257メートル)には、最大1894人の上陸兵力と5台のエイブラムス戦車または25台の上陸装甲車(AAV)、68台の輸送トラック、3隻の大型空気浮揚艇、12隻の上陸艇、22機以上のMV-22オスプレイなどが搭載されている。2000人の兵力を速かに上陸させることができる。米海兵隊はこのような大型揚陸艦を16隻も保有している。韓国は「ワスプ」より小さい「独島」(1万8800トン)1隻を運営中で、2020年に1隻増える。海兵隊は3隻が必要だという。

<Mr.ミリタリー>45年ぶりに航空戦力を取り戻した韓国海兵隊…彼らの切迫感(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事