今度は野田前首相…「韓国トップが女学生のように言いつけ外交」

今度は野田前首相…「韓国トップが女学生のように言いつけ外交」

2014年01月11日10時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  野田佳彦前日本首相が10日、「女学生のような言いつけ外交をしている」と朴槿恵(パク・クネ)大統領を批判した。この日報道された毎日新聞とのインタビューでだ。

  「安倍晋三首相が外国首脳との会談で、海洋進出を狙う中国を牽制する発言を繰り返している」という質問に対し、野田前首相は「韓国トップが米欧に行っては、女学生のような言いつけ外交をやって日本を批判しているのと同じように見える」と答えた。続いて「中国も(日本と)同様な思いを持っているかもしれない。やはり首脳同士(会談を)しなければいけない」とし「言いつけ外交はお互いやめた方がいい」と話した。

  就任後、外国首脳を含む主要人物との会談で、日本の正しい歴史認識を強調してきた朴大統領の外交を卑下したのだ。「女学生」という表現は“言いつけ”を日常的に行う存在として女性を蔑む側面もある。

  駐日大使を務めた権哲賢(クォン・チョルヒョン)世宗財団理事長は「首相を務めた人が外交慣例に外れる常識外の妄言を吐いたのに驚く」とし「一言の妄言がどれほど大きな致命傷を負わせ、両国関係を崩壊させるか知らないようだ」と批判した。

  韓国政府と駐日韓国大使館では「政治を間違って政権を譲り渡した敗北者の言葉にいちいち対応する必要があるのか」「隣国の首脳をこのように表現すること自体がレベルの低さを表している」など不快感を表す反応が出てきた。

  野田前首相は、安倍首相になるまで3年3カ月間続いた民主党政権の最後の首相。民主党か自民党か区分できないほど保守偏向的な「自民党第2中隊」政策と分裂で民主党を瓦解させた。突然、消費税増税に「政治生命をかける」といって無理に国会を解散し、結局、政権を安倍首相と自民党に献納した。韓国政府の関係者が「失敗者」として烙印を押す理由だ。

  インタビューでの問題発言も在任時の失敗を釈明する途中に出てきた。日中関係をこじらせた「尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化」に関し、「国有化は決断」 「東京都が購入するよりかはよい決定」と話しているところだった。安倍首相を非難しながら自分を浮き彫りにしようとしたが、とんでもなく朴大統領に食いついたのだ。「女学生」という表現は、自衛隊員の息子で保守色濃厚な松下政経塾第1期生であることを履歴の前面に出してきた普段の態度と無関係ではないようだ。

  問題は、野田前首相のように妄言は吐かないが、日本政府や政界・メディア界などオピニオンリーダー層に似た考えが広まっているという点だ。私的な席で会った日本政府の関係者の中には、揺れる韓日関係が話題になれば、「朴大統領が外国の人たちの前で日本をけなすのだけはやめてほしい」と指摘する人たちが少なくない。韓国を訪問しても朴大統領と会う機会があまりにも少ないため、知韓派議員の間でも「日本人にはなぜ会わないのか。不満があれば直接日本人に表現するべきではないのか」と吐露する人がいる。

  9日、在日本大韓民国民団の新年会に出席した日韓議員連盟会長の額賀福志郎議員が韓国について、「相手の弱点を強調して自身の利益を得るような誤った方法は互いにやめるべきではないか」と述べたのも、こういう日本国内の雰囲気を反映している。しかし安倍首相の靖国参拝に続き、野田前首相の突然の妄言が出てきた中、「両国の相互配慮」を強調する志ある日本人の立つ瀬がさらに狭まっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事