中国「日本が事実をわい曲…中国軍艦の尖閣海域での活動は正当」

中国「日本が事実をわい曲…中国軍艦の尖閣海域での活動は正当」

2018年01月12日13時55分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
写真=キム・フェリョン記者
  尖閣諸島(釣魚群島)に中国潜水艦が出動したことを受けて、日本もこれに対応するために軍艦を出動させたと日本側が発表したことに対し、中国が「事実をわい曲した」と反論した。

  中国国防部は12日、「日本海上自衛隊の軍艦2隻が11日、釣魚島赤尾嶼北東の接続水域に入ってきて、中国の海軍フリゲート『益陽』が直ちに出動して追跡監視活動を行い、現在、日本軍艦はこの水域から離れた」と明らかにした。

  続いて「釣魚島と付属島嶼は古くから中国の固有の領土」とし「中国の軍艦が関連海域で活動するのは正当かつ合法的」と主張した。また「日本はこれをよく知りながらも盗人猛々しく振る舞い、事実をわい曲し、真偽を混ぜて識別できなくしている」としながら「日本が中国軍隊の正当かつ合法的な権利守護の行動を勝手にねつ造しているが、強い不満と決然とした反対を表明する」と強調した。

  これに先立ち、日本海上自衛隊と防衛省は中国軍所属とみられる潜水艦が今月10日、沖縄県宮古島沖に続き、11日には尖閣諸島大正島の外側の接続水域に水中航行していたところを確認したと明らかにした。

  続いて、杉山晋輔・外務省事務次官が程永華・駐日中国大使を外務省に呼んで抗議すると、中国外交部は釣魚島が中国の固有領土であることを主張して日本の自制を要求した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事