<美男子症候群>ロマンスファンタジーが懐かしかった(2)

<美男子症候群>ロマンスファンタジーが懐かしかった(2)

2009年01月23日10時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  空白だった需要を満たしたのが‘美男子’だ。グループ歌手SS501のキム・ヒョンジュンの出演の知らせに少女やヌナ(お姉さん)たちが集まった。新人にも関わらず、演技力のあるイ・ミンホの発見が火をつけた。AGBニールソンメディアリサーチの視聴率分析によると『花より男子』の主な視聴層は10~30代の女性だ。この比率は『花より男子』の全体視聴者の46%にのぼる。彼女らは他チャンネルを見ていて、『花より男子』を見るようになったというよりは、しばらく見ていなかったテレビを見るようになったようだ。実際に『花より男子』の視聴率が5日 (第1話)の14.1%から20日の24.8%に上がる過程でMBC(文化放送)ドラマ『エデンの東』は28%から1.5%下がっている(26.5%)。

  ◇UCC・チックリット世代と出会う=『花より男子』はドラマの視聴率のほか、付加価値のコンテンツを積極的に購入する若者層にうまくマッチした。挿入曲『俺の頭が悪くて』などが22日、サイワールドBGMチャートで1、3、4、5、6位を記録した。KTFトシラクウィークリー音楽ランキング(1月12日~18日)の集計でも10位内に3曲が登場している。教保(キョボ)文庫やYES24などを通じ、オフライン・アルバム予約も1位を記録した。同名原作漫画の特別版も書店販売率上位に再び登場した。男主人公F4スタイルの「プレッピールック」(Preppy Look:米東部の名門私立高校生のファッション)も関心の的になっている。

  UCCの生産も活発だ。韓国、日本、台湾版の比較は基本で、主人公別に仮想ホームページ、脳構造分析、二次創作物も次々にアップロードされている。ディッシュインサイドに開設された「美男子ギャラリー」に開設15日目で約7万件の掲示物が掲載された。消費者の口コミで多くの需要を呼んでいる‘バズ・マーケティング’(buzz marketting)が20~30代女性の‘チックリットパワー’と結びつき、ドラマなどで症候群を生んでいる。

  ◇チックリットパワー=『ブリジット・ジョーンズの日記』『プラダを着た悪魔』など若い女性をターゲットにした英米の大衆小説を指す新造語。このようなチクリットを消費する20~30代の若い女性の影響力と購買力のことを指し、‘チックリットパワー’という。

<美男子症候群>ロマンスファンタジーが懐かしかった(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事