朴槿恵、潘基文、ジム・ヨン・キム…国連「コリアンデー」

朴槿恵、潘基文、ジム・ヨン・キム…国連「コリアンデー」

2014年09月24日09時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴槿恵(パク・クネ)大統領が23日、米国ニューヨーク国連事務総長官邸を訪問して潘基文(バン・ギムン)総長(右側)とジム・ヨン・キム世界銀行総裁と挨拶を交わしている。
  「地球が熱くなっている」。

  国連舞台にデビューした朴槿恵(パク・クネ)大統領が強調する。朴大統領が23日(現地時間)、「国連気候首脳会議」で新気候体制についての韓国の積極的な参加の意志を明らかにした。朴大統領はグリーン気候基金(GCF)事務局〔仁川(インチョン)の松島(ソンド)〕誘致国として、すでに出捐を約束もしくは出捐中の約5000万ドルを含めGCFに計1億ドルを出すという計画も明らかにした。今回の会議は、気候変化への対応を核心課題としている潘基文(バン・ギムン)国連事務総長が2015年の新気候協定妥結を目標に開催した。

  朴大統領は5番目に演説し、日本の安倍晋三首相は28番目に演説した。朴大統領はこの日の5分間余りの英語の演説で▼気候変化対応を、負担ではなく新たな機会として認識する発想の転換をして▼気候変化対応の中心は技術と市場にならなければならず▼気候変化対応は先進国だけでなく開発途上国も共に参加しなければならないという3つの案を提示した。このため韓国が先進国と開発途上国の架け橋の役割を果たすと約束した。

  潘総長とジム・キム・ヨン世界銀行総裁も午後の「気候財政」セッションで開会演説をして国連会議場の周辺では「コリアンデー(韓国の日)」という話も出てきた。朴大統領と潘総長の別途の出会いも目を引いた。22日、カナダ国賓訪問を終えてニューヨークに移動した朴大統領は、すぐに国連事務総長官邸で潘総長に会った。

  潘総長は「お会いできて光栄」としながら「カナダ訪問はとても成功的だった」と挨拶をした。朴大統領は「結実が多かった」として「韓国・カナダ自由貿易協定(FTA)を締結するのに9年かかった。迂余曲折があった」と答えた。朴大統領は「8月、北朝鮮側に第2次高位級会談の開催を提案し、北側の呼応を待っている」として「韓国・北朝鮮住民らの人道的問題の解決、韓国・北朝鮮の共同繁栄のための民生インフラ構築、南北住民間の文化・学術交流など同質性の回復を通じて南北間協力の通路を広げることができる」とドレスデン構想を説明した。潘総長は「小さな部分からじわじわ協力を成し遂げていって心を開いて行くのが良い案」と相づちを打った。

  朴大統領は官邸の芳名録に「世界平和と人権向上のための総長の努力が実を結ぶよう祈ります」と記した。面談後は潘総長夫妻、ジム・キム・ヨン総裁夫妻とともに晩餐を囲んだ。朴大統領が就任後、潘総長に会ったのは4回目だ。政界は朴大統領と潘総長の出会いを外交的な見解だけで見ていない。潘総長の意思と関係なく、与党圏の次期大統領選挙の候補群で潘総長の名前が議論されている。朴大統領と潘総長は22日の面談と晩餐をはじめ23~24日、国連総会と気候首脳会議の日程の大部分を共にする。2人は昨年8月、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で「国連の事務総長として私たちの潘総長がいらっしゃるということ、本当に韓国としてはとても感慨深い」(朴大統領)、「原則に立った良い政策を展開しながら国民の全面的な支持はもちろん、国際社会からも支持を受けていらっしゃる」(潘総長)といった話をやりとりした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事