<平昌五輪>日本選手団の主将・小平、開会式欠席へ

<平昌五輪>日本選手団の主将・小平、開会式欠席へ

2018年02月09日10時35分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
小平奈緒
  平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)の開会式に日本選手団の主将を務める小平奈緒が出席しないと伝えられた。

  朝日新聞は8日、日本選手団の主将を務める女子スピードスケート選手の小平奈緒が9日に開催される平昌五輪開会式を欠席する見通しとなったと報じた。

  平昌冬季オリンピック大会組織委員会は9日午後8時から始まる開会式の天気について午後7時から10時10分まで一帯の予想気温はマイナス5度からマイナス2度と発表した。しかし平昌五輪の開会式場には秒速3-5メートルの風のため体感温度はマイナス10度となるため、コーチ陣は小平のコンディションへの影響を心配している。

  小平は女子スピードスケート500メートルと1000メートルで金メダルを狙っている。7日に江陵(カンヌン)スピードスケート場で行われた女子500メートルの記録会では非公認ながらオリンピック記録を上回る37秒05をマーク、13人の出場選手のうち1位となり、さらに期待を高めた。

  一方、日本オリンピック委員会(JOC)はコンディション管理を理由に7日に江陵で開かれた公式入村式に選手を出席させなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事