<平昌五輪>外国取材陣「韓国料理おいしく、市民・ボランティアは親切」

<平昌五輪>外国取材陣「韓国料理おいしく、市民・ボランティアは親切」

2018年02月09日10時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
7日、平昌を訪れた文在寅大統領夫人の金正淑氏、劉承ミン(ユ・スンミン)選手村村長と一緒にスローガンを叫ぶボランティアメンバー。(写真=青瓦台写真記者団)
  2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開幕を控え、選手団だけでなく世界各地から来た取材陣も激しい「オリンピック戦争」にしのぎを削っている。取材陣はオリンピックが開かれる江原道(カンウォンド)平昌・江陵(カンヌン)一帯に宿泊しながら、自国選手団の競技に向かう生き生きとした姿やオリンピック関連の便りを伝えている。江原道平昌アルペンシア内にあるメインプレスセンター(MPC)と競技場記者室(ベニューメディアセンター)に1000人を超える世界の取材班が散って陣を構えている。

  今月6~7日、MPCやメディア村を回り、20人の海外取材陣に平昌五輪の印象と期待される点、不便な点などを聞いた。彼らは自国のメダル候補種目に対して期待を寄せながら選手たちの善戦と勝利を祈った。また、大会開幕前から懸念されていた厳しい寒さや交通・施設など大会運営に関しては交錯した反応を示した。

  日本・報知新聞の高木恵記者は「2016年リオ五輪に続き2回目のオリンピック取材。多くの人が寒さを懸念しているが、私は北海道生まれなのでこの程度の天気は問題ない。ボランティアメンバーと市民が親切」と語った。高木記者は今大会最高のスターに自国出身のフィギュア選手、羽生結弦を挙げた。フィンランドから来たある記者は「フィンランド人にとって寒さは問題にならない」とし「スノーボードとアイスホッケー選手が最も期待される種目だ。今大会のスーパースターを挙げるなら、米国スノーボード・ハーフパイプのショーン・ホワイト」と答えた。

  東京写真記者協会所属の池田正一記者(元読売)は「小平奈緒(スピードスケート)が金メダル2個など、日本は10個の金メダルを獲得すると思う。女子スキージャンプ(高梨沙羅)も期待種目」と話した。池田記者は「オリンピックの取材は今回で6回目だが、平昌は準備をよくしているほうだ。1998年長野と比較しても劣らない」とし「2016年リオではバス2時間待ちは当たり前だったが、ここでは時間通り運行して便利だ」とほめた。また「食べ物がおいしいのでいい。スンドゥブが好きなのだが、江陵はスンドゥブが有名ということでもう店を予約を入れてある」と言って笑った。

  彼らとは逆に、寒さやバスなど施設利用に対する不満もあった。オリンピックの取材が平昌で10回目だと明らかにした米国コロラドスプリングスの有力紙「The Gazette」のMark Reis記者は「私も寒いところから来て寒い場所を多く訪れたが、ここは特別寒い」とし「それでもボランティアメンバーの親切さのおかげで何とか寒さを我慢できる。他のオリンピックと比較すると、韓国のボランティアメンバーはみんなの仕事がしやすいように積極的に助けてくれる」と称賛した。Reis記者も今大会最高のスターに前述のホワイトを挙げた。

  名前と所属を明かさなかった中国の記者は「気候が寒くて選手が心配だ。バスの利用も不便。宿舎(江陵)からMPC(平昌)まで1時間かかり、どこへ行ってもバスで長い時間を過ごし、疲労が溜まる」と不満をこぼした。その一方で「英語のできない市民が多いが、みんな親切で料理もすばらしい点は気に入っている」と付け加えた。イタリア選手団のある関係者は「プルコギを食べてみたが、うわさ通りおいしかった。リュージュ種目でイタリア選手団の善戦を祈る」とし「平昌五輪が2006年トリノ大会と同じくらい成功することを祈る」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事