現代アイオニック、トヨタ・日産など抜いてチリの「今年の車に」

現代アイオニック、トヨタ・日産など抜いてチリの「今年の車に」

2018年01月12日13時28分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
現代アイオニック・エレクトリック(写真提供=現代自動車)
  現代自動車の電気自動車アイオニック(IONIQ)エレクトリックがチリの「今年の車」に選ばれた。

  12日、現代車はアイオニック・エレクトリックが「2018年チリの今年の車」の最高賞である「ベストカー」に選ばれ、部門別「エコカー賞」でも受賞したことを明らかにした。

  アイオニック・エレクトリックはトヨタ・プリウス、日産リーフなど日本の並み居るライバルをすべておさえた。チリのことしの車は、チリ記者連合が前年度に発売された車両全体を対象に、デザインや走行性能、安全性などを総合評価して選定している。

  現代車関係者は「走行中に炭素排出が全くない環境にやさしい車である点と1回の充電で191キロメートル走れるすぐれた走行距離、世界1位水準の電費(電気車の燃費)などの強みが高く評価された」と述べた。

  2016年、現代車はチリの年間自動車販売シェア1位(3万1398台)を記録した。2017年1月から11月まで計2万9566台(占有率9.1%)を販売し、2年連続自動車販売率1位を獲得できるかどうか注目されている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事