便器に座るとスキーをする気持ちになる平昌サービスエリアのお手洗い

便器に座るとスキーをする気持ちになる平昌サービスエリアのお手洗い

2017年07月20日10時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
平昌サービスエリアのお手洗い。(写真=オンラインコミュニティ)
  江原道平昌郡(カンウォンド・ピョンチャングン)の嶺東(ヨンドン)高速道路平昌サービスエリア〔江陵(カンヌン)方向〕は「2018平昌冬季オリンピック(五輪)」に備えて昨年7月にリフォーム工事を終えてオープンした。特に、平昌サービスエリアのお手洗いはこれまで見たことのない、独特なインテリアで最近、オンライン上で話題を集めている。お手洗いはリフォームで最も精魂を込めた空間だ。

  平昌サービスエリアのお手洗いの床にはスキー形の図が描かれており、足をのせることができる。また、お手洗いの壁面と床にはすべてスキー・フィギュアスケート・ボブスレーなど五輪種目が描かれている。お手洗いの廊下別にそれぞれ五輪の種目を体験することができ、お手洗いのキュービクル内部には冬季五輪の体験ゾーンが用意されており、まるで実際の選手になったかのような気分を楽しめる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事